ダウ平均株価が2万ドルに到達しました。ループイフダン米ドル円S15も順調に稼働しています。

シストレi-NET

昨日、ダウ平均株価が2万円の大台をつけました。

終わっていなかったトランプ相場

ダウ平均株価2万ドル

今朝は、一般紙でも大きな話題になっているようですね。トランプ大統領の経済政策がいまいち不透明であることや、利上げによる資金調達コスト増加見込みなど、決して万全という条件ではない中での2万ドル到達は、率直に素晴らしいと思います。私は少し前に安く買っておいたCFDのダウを半分利確して、少しだけ2万ドル記念のおこぼれにあずかることができました。おそらく2万500ドルあたりまでは行くと踏んでいるので、続伸を楽しみにしたいところです。もし下がっても、来月は配当ラッシュですから、ホールドしてもかまいませんし。以前も書いたとおり、アメリカ経済が悪いと世界情勢が不安定になりますから、良いにこしたことはありません。

これを受けて米ドル円


25日からの米ドル円15分足です。トランプ相場はずっと、株高と米ドル高が連動していたので今回もか、と思いましたが、意外にもほぼ無風。それどころか、ところどころ、円高の兆候が出る場面すらありました。
それでも下値のサポートはわりとしっかりしており、113円を割り込むことはなく、結果として、ずっと113円台を行ったり来たりしており、一昨日から稼働させている私のループイフダン米ドル円S15が、この動きにがっちりハマり、既に20回ほど利食いしてくれています。上昇の場面ではB50が利食いしていますし、いずれも建てているポジションも最小限なので、今のところ理想的な展開となっています。

豪ドル米ドル


25日からの豪ドル米ドル15分足です。昨日朝の指標下落分を、ゆっくり戻している途中、という状況です。私の手動トラリピは、3日ほど前にポジションを1本建てたきり、なかなか次の展開に入りません。今月は既に7回も利食いしてくれているので、十分と言えば十分なのですが。もともとボラティリティは限定的な通貨ペアですが、あまりに膠着状態が長く続くようなら、値幅などを見直す必要があるかもしれません。

豪ドル米ドルペアで「手動トラリピ」はじめました。この通貨ペアを選んだ理由や、発注の管理方法など。

2017.01.10

今日の指標

今日は、アメリカの新規失業保険申請件数(日本時間22:30)と新築住宅販売件数(同0:00)と、トランプ大統領就任後はじめての大きな指標発表があります。さすがに米ドル円レートにはそれなりに影響があるはずなので、注意して見守りたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

そうたろう

FXと節約を組み合わせた記事を書いています。 元会社員、元会社経営者にして元浪費家。現在、事業の失敗で背負った借金をせっせと返済しながらひっそりとフリーランスで生計を立てています。もっと早くお金の正体に気づいておけばよかったな〜などと後悔しながらも、あとの祭り的人生をそれなりに楽しんでいます。