米ドル円はイエレンFRB議長議会証言を受けて米ドル高。飯テロ画像は「酸菜白肉鍋」です。

イエレンFRB議長議会証言の結果

米ドル円


14日6時からの米ドル円15分足です。日中は113.30-80円の間で緩やかなレンジを形成していたのですが、15日0時のイエレンFRB議長議会証言を受け、利上げへの期待感がいっそう高まり一気に100pipsほどのドル高。現在(15日正午)までその流れが続いています。
利上げ予想を受けて反落の可能性もあった株価ですが、NYダウもさらに高値を更新して2万504ドル。まさかの2万500をあっさり超えてしまいました。とはいえ、次回FOMCまでは3週間以上も時間がありますので、現在期待上げした相場がそのまま持続すると考えるのはちょっと無理がありそうです。重要指標発表などの場面など、どこで調整が入るのか引き続き注意が必要だと思われます。

豪ドル米ドル、豪ドル円

14日6時からの豪ドル米ドル、豪ドル円15分足です。いつもと逆の順序で載せてみました。イエレン証言で豪ドル米ドルレートも急落しましたが、米ドル円の急騰とちょうど相殺される形となって、豪ドル円は、1豪ドル=87.0円から87.8円前後へのきれいな上昇曲線となりました。

眠っていたループイフダンがイエレン証言で覚醒

昨日日中のループイフダンは、米ドル円S15が3回だけ利食いと低調だったのですが、イエレン証言相場(?)で全ての仕掛けが覚醒し、米ドル円B50が1回、S15が5回、豪ドル円B40が15日朝になって1回利食いしました。
とくに豪ドル円B40に関しては、昨年10月に稼働を開始して約4か月、これまで建てた全てのポジションを利食いし、現在は、今朝建てたポジション1本だけで稼働を継続しています。途中、ややポジションが増えすぎたときには一時停止も検討しましたが、ループイフダンの場合は、そういう場面でも耐えるという胆力のようなものが必要なのだと再認識することができました。もちろん、その含み損を支える十分な資金の存在が前提にはなりますが、このあたりの勝ち法則は、浅めの損切りがセオリーである裁量トレードとはかなり違ってきますので、FX初心者のほうがすんなり受け入れやすいように思います

米消費者物価指数発表

今日15日は22:30に米消費者物価指数、小売売上高の発表があります。トランプ大統領就任後の重要指数発表は、いずれも市場が過去とは違う反応をする可能性があるので、いつもより注意深く対応する必要があると考えています。

台湾といえば小籠包?

さて、現在台湾に滞在しています。台湾グルメといえば小籠包ですが、これもオススメ、というメニューが「酸菜白肉鍋(スワンツァイバイロウゴー)」です。小籠包は日本のレストランでも食べられますし、なんなら冷凍食品でもけっこう美味しいですが、この鍋は日本では食べられません。どうせなら、日本では食べられないものを食べてほしいです。

酸菜というのは、中国東北部で冬季の保存食として作られている白菜の漬物で、味はけっこう酸っぱいです。豚肉は蒸して脂を落としてあり、見た目よりもくどくなく、これが酸菜の酸味との相性が抜群で、つい食べすぎてしまいます。この「酸菜」は、日本の楽天市場などでも中国産のものが通販されているのですが、生野菜の漬物なのでさすがに外国産のものは抵抗があり、何度か自分でも作ってもみたのですがまったく美味しくなく、それ以来きっぱりと諦めて台湾に行って食べることにしています。台湾人は鍋料理が大好きですから、街には鍋料理屋が多いですし、その多くの店でも酸菜白肉鍋はメニューの一つとして置かれています。でも、オススメはやっぱり酸菜白肉鍋専門店。私の知るかぎり、専門店は台北に3店舗あり、こちらは「長白小館」という老舗です。お店では日本語は通じませんが、英語は通じますし、最近はクチコミで日本人客も増えているようでお店の人が慣れているので、身振り手振りでも大丈夫です。出張や旅行で台湾に行かれる方は、ぜひ立ち寄ってみてください。

長白小館
住所 台北市光復南路240巷53號
電話 (02)2751-3525、(02)2711-2643
営業時間 11:30~14:00、17:00~21:00
休業 月曜日、旧正月、端午節、中秋節、8月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

そうたろう

FXと節約を組み合わせた記事を書いています。 元会社員、元会社経営者にして元浪費家。現在はフリーランスで生計を立てています。もっと早くお金の正体に気づいておけばよかったな〜などと後悔しながらも、あとの祭り的人生をそれなりに楽しんでいます。