ドコモのデータ回線は、さっさと音声回線のシンプルプランに変更しましょう。今なら6月1日からの料金適用に間に合います。

ドコモのシンプルプラン

ドコモで5月24日から受付がはじまった通話従量課金1,058円/月の新料金「シンプルプラン」により、「データ通信しかできないデータ契約」よりも、機能的に上位互換の「通話もデータ通信もできる音声契約」のほうが安いという歪な料金体系になってしまいました。シンプルプランはシェアパック内の回線限定にはなりますが、対象の回線を持っている場合は、ぜひ見直しすることをオススメします。

音声
データ
シンプルプラン1,058円ルーター1,296円
カケホライト1,836円スマホ/タブ1,836円
カケホ2,916円

ドコモは音声5回線まで持てます

ケータイ乞食にとっては常識なのですが、ドコモは1人音声5回線、データ5回線の合計10回線の契約ができるので(厳密にはフォトパネル等に使える回線でさらに5回線の合計15回線)、シェアパックを組んでいて、なおかつ音声の5回線の「枠」が余っている方は、データプランから音声プランに切り替えて、料金もシンプルプランにするのが良いかと思います

差額で格安SIMを利用しては?

同じシェアパックのスマートフォンとタブレットを同時に持ち歩くスタイルであれば、シンプルプラン化したタブレットのSIMは抜いてしまい、スマートフォンからテザリングするのが最も安くなる使い方です。

また、いちいちテザリングするのは面倒だとか、両方のバッテリーが減るから嫌だ、というなら、差額778円(SPモード料金も考慮すれば1,101円の差額)で、MVNO(格安SIM)の各種キャンペーンを利用すれば、当初7ヶ月間は400円以内で3GB程度が追加で利用できるようになるので、お釣りが出る計算です。

ドコモのシェアパック分に加えてMVNO分がデータ通信利用できるのはメリットですが、とくに首都圏ではMVNOは一般に、平日の通勤や昼休みの時間帯に通信速度が遅くなるというデメリットがあります。競合ひしめくMVNO市場ですから、混雑時の繋がりにくさも徐々に緩和される傾向にはありますが、混雑時は、スマートフォンからドコモ回線でテザリングで利用する、などで不便が発生することには割り切りが必要です。あるいは、タブレットがすでにSIMロック解除できる期間であれば、ドコモ系ほど混雑しないau系のMVNOにするという方法も考えられます(端末がauの周波数に対応しているか事前に調べてください)。

月々サポート目的でドコモのiPadに機種変更したら、spモードは解約してSIMをMVNOにするほうがおトクです。

2017.05.07

そもそもドコモでデータ契約って…

わざわざ、あまりメリットがあると思えないドコモのデータ契約をしているということは、ケータイ乞食でなければ、タブレット購入時にショップで言われるがままに契約したパターンがほとんどでしょうから、契約には2年縛りがついているはずですし、多くの場合月々サポートもついているはずなので、音声契約化と同時にシンプルプラン化して寝かせておき、2年間の契約満了後に解約金なしで解約するのがほとんどのケースでおトクなはずです。

気になる月々サポートと端末購入サポート

月々サポートはデータ契約を音声契約にしても引き継がれます。もし、シンプルプランの1,058円+シェアオプション540円の合計1,598円以上の月々サポートがついている場合は、差額が代表回線から割引されます。私のデータ回線もSO-05Gを購入したときに3,000円の月々サポートがついていますので、差額の1,402円が代表のスマートフォン回線から割引されることになります。端末購入サポートを利用している回線でも、シンプルプランへの変更により違約金が発生しないことも確認済です。

最終購入端末

データ回線で最後に購入した端末はMy docomoで確認できますが、これがスマートフォンでない場合にもシンプルプランに変更できるのか明確にされておらず、若干の疑問があったのですが、先のとおり151にて最終購入端末がSO-05G(Xperia Z4 Tablet)の回線をシンプルプランに変更できたので、他のケースでも問題ないものと思われます。

5/29追記】 151にてiPadで利用しているデータ回線を同じように音声・シンプルプラン化しようとしたところ、「対象機種ではない」との理由で変更を断られました。「Xperia Tabletではできた」と言っても、「理由はわからないが、タブレットでも対象機種とそうでない機種がある?のかも?」みたいなことを言っていたので、どのオペレーターでも同じ結果になるかはわかりませんが、情報として掲載しておきます。
ちなみにこのオペレーター、「シンプルプランにすると月々サポートがなくなる」という完全に誤ったことも言っていましたので、発言の信憑性はやや疑問です。

ルータープランの場合

現在、ルータープランを利用している場合は、シンプルプランとの差額が237円と小さいですし、タブレットと違いMVNOの混雑時に代替策がないことからも、わざわざ音声化・シンプル化するメリットは小さいと思います。

指定外デバイス利用料

シンプルプランのSIMをタブレットやルーターに挿して通信すると、タブ777円、ルーター237円の「指定外デバイス利用料」がかかるので注意が必要です。シンプルプラン化したら、基本的にSIMは解約月まで使用せずに寝かせておくほうが良いかと思います。

変更は5月中に手続しましょう

私は音声1回線、データ5回線で利用していましたが、データ4回線を音声化し、もとから音声の回線を含めて音声5回線をシンプルプランに、データ1回線だけはスマホ/タブプラン継続にしたので、来月から合計で3,888円安くなる計算です。年間4万6656円と考えると、けっこう大きいですよね。

契約プランの変更に日割りは適用されませんので、6月1日からの適用を受けるには、5月中に変更手続を済ませる必要があります。現在音声契約の回線はMy docomoからシンプルプランに変更できますが、データ契約から音声契約にはドコモショップか151でしか変更できません。また、契約の状態によっては音声契約への変更を断られるケースもありますので、その場合は潔く諦めましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

そうたろう

FXと節約を組み合わせた記事を書いています。 元会社員、元会社経営者にして元浪費家。現在、事業の失敗で背負った借金をせっせと返済しながらひっそりとフリーランスで生計を立てています。もっと早くお金の正体に気づいておけばよかったな〜などと後悔しながらも、あとの祭り的人生をそれなりに楽しんでいます。