SIMフリーのiPhone5cは便利でお手頃ですよ、というおはなしです。モバイルルーターがわりに1台いかがですか。

格安SIMとのセット販売も悪くはないのですが・・・

格安SIMの広がりにともなって、SIMフリー端末がますます注目を浴びています。格安SIMと格安スマホのセット販売でも、楽天でんわ/楽天モバイルのarrows M02なんかはおサイフケータイも使えますし、ユーザーの評判も悪くないようなので、なかなか良い選択なのではないでしょうか。

中古SIMフリーiPhone5c

ただ、格安スマホでも、arrows M02ぐらいのスペックだと、やはり最低でも2万円程度にはなります。そこで当ブログでは、ひとつの選択肢として、SIMフリーのiPhone5cをオススメします。SIMフリーのiPhone5cは、現役当時から不人気機種だったためか、同時に発売されたiPhone5cと比べても、中古市場ではかなり安値で販売されています。
オークファンでiPhone5sの落札価格を見ると、25,000から35,000円くらいですが、iPhone5cは安いもので11,000円程度からあります。一方で両者のスペックの差はCPU(5sはA7、5cはA6)、重さ(5cが20g重い)、指紋認証の有無くらいです。
また、5cはあまり使われず手放された個体も多いためか、5sに比べて程度の良い中古が多いように思います。私もヤフオクで「中古」の5cを12,000円で買いましたが、新品同様でした。不人気機種ゆえのメリットと言えると思います。それに、私は両方の機種を使っていますが、そこまで性能差を感じることはありませんし、さらに言えば、現行機種であるiPhone6sとiPhone5cの性能差だって、実際に使ってみれば、ディスプレイサイズ以外にそれほどあるとは思えません。

キャリア版iPhoneのデメリット

5cはドコモ、auのものも中古市場に出回っており、これを購入してそれぞれの回線を借りているMVNOで利用する方法もあるかと思います。それらの端末が手元にあるなら仕方ありませんが、キャリア版iPhoneはMVNOとの組み合わせによってテザリングに制約がある場合も多いので、テザリングを使いたい方にはオススメできません。そもそも、キャリア版とSIMフリーとの価格差が3,000円程度ですから、最初からキャリアの制約がなく、海外でもそのまま使えるSIMフリーを選ぶほうがメリットが大きいでしょう。

SIMの入れ替え

私の場合、メイン機ではおサイフケータイを使いたいのでAndroidですが、サブ機兼モバイルルーターがわりとしてiPhone5cを使っています。どうせ荷物を1つ増やすなら、モバイルルーターという専用機よりも、メイン機バッテリー切れのときなど、いざというときにスマホとして普通に使用できる5cであることのメリットは計り知れません。なおかつ、iPhoneはモバイルルーターやAndroid機と違い、SIMの入れ替え時に電源を落とさなくて良いのが気に入っています。現在、新規契約獲得にしのぎを削るMVNO各社は、一定期間が無料になるキャンペーンなどを盛んに打っています。おトクな使い方を知っているユーザーは、このキャンペーンを渡り歩くか、または同時に3GBなどの少量を2社で契約し合計6GBとして最大の割引を得るなどするため、SIMの入れ替えという作業が発生します。これがiPhoneならほぼストレスなしなんです。
例えばDTI SIMのデータプランなら、新規事務手数料3,240円はかかってしまいますが、半年間データ通信3GBが無料で、いつ解約しても違約金はかかりません。半年間で解約するとして、かかるコストは1ヶ月あたり3,240円(新規事務手数料)÷6=540円ですから、ドコモのパケホーダイライト(3GB)が5,076円であることを考えると、圧倒的なコストパフォーマンスと言えます。

中古は保証がないので自己責任で

なかなか良さそうなこの方法ですが、私の周りでも実践している方はあまりいません。原因としては、オークション以外ではあまりSIMフリー版iPhone5cの中古が出回っていないことに加えて、「中古」そのものへの抵抗かと思います。確かに、オークションは原則として保証がないので、この点のリスクを許容できない方はやめておくか、少々高くても保証のついた店舗で購入するのが良いと思います。いずれにしても、格安SIMと格安スマホの台頭で、自分に合ったプランを選べる選択肢の幅が広がったのは、ユーザーにとって歓迎すべきことですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

そうたろう

FXと節約を組み合わせた記事を書いています。 元会社員、元会社経営者にして元浪費家。現在、事業の失敗で背負った借金をせっせと返済しながらひっそりとフリーランスで生計を立てています。もっと早くお金の正体に気づいておけばよかったな〜などと後悔しながらも、あとの祭り的人生をそれなりに楽しんでいます。