ループイフダンと手動トラリピ、2017年第5週のトレード結果。今週の出張で撮った飯テロ画像も掲載しています。

トランプ大統領就任後初の1週間は、1月と2月にまたがりましたが、2017年の第6週という括りで集計してみたいと思います。

米ドル円S15依存が高まるループイフダン

まずは結果です

仕掛け今週確定損益今週利食い回数全体の割合
豪ドル円B40 1lot810円23.3%
米ドル円B50 1lot3,500円713.9%
米ドル円B50 2lot7,010円727.9%
米ドル円S15 1lot13,770円9554.9%
合計25,090円111
半分以上が米ドル円S15の利益になっています。1か月あたり10万円の確定利益を一つの目安にしているので、1週間でおよそ4分の1の2万5000円を達成できたのは、まずまずの成果と言って良いと思います。

米ドル円と豪ドル円の1週間


1月30日(月)6:00から2月4日(土)6:00までの米ドル円1時間足です。114円台後半からのスタートでしたが、あらためて見ると、115円台はまったく攻めることなく下落して、どちらかと言うと112円の下値を試す展開になっています。112円を割り込むと110円あたりに次のサポートがあるという専門家が多いようですが、日本の長期金利次第かな、という感じはします。

同じく豪ドル円1時間足です。最近は米ドルに対して豪ドルと円がそれぞれ逆の値動きをするパターンが増えており、ボラティリティが相殺されるので、あまりループイフダンに適した値動きになりません。豪ドル円B40も今週はわずか2回の利食いと低調です。ただし、米ドル円と比べて建てるポジション数は非常に少ないので、安全性重視のスタイルであれば、現在は豪ドル円のほうが適しているように思います。

豪ドル米ドル手動トラリピ

仕掛け今週確定損益今週利食い回数
豪ドル米ドル50 1lot580円1
こちらは利食い1回だけでした。1月は8回利食い、最大ポジション数1という安定の稼働実績を出してくれましたので、2月はポジション1本1,000豪ドルだった仕掛けを1,500豪ドルに増やしてみました。資金は30万円のままなので、レバレッジが上がることになります。

オセアニアを中心とした資源国通貨が対米ドルで高くなっているので、ストレートドルでうまくこのトレンドを活かしていきたいと考えています。

豪ドル米ドルペアで「手動トラリピ」はじめました。この通貨ペアを選んだ理由や、発注の管理方法など。

2017.01.10

▼手動トラリピで利用中!▼

さて、関係のない飯テロです

私は今週、仕事で雪の降る地方に行っておりまして、いつもは出不精なので必要最小限の移動しかしないのに、ふと気が変わって早朝から観光客向け市場に行ってきました。ホテルとの間は、マイクロバスで無料送迎までしてくれるんですよ。今回用意してもらった旅行パックに、市場の食堂で提供されている「海鮮丼」と「特大ほっけ」クーポンがついていたのが大きな動機ではあったのですが、所詮オマケなので、あまり期待はしていなかったんですね。

このホッケ、画像だと伝わりにくいのですが、長さが30センチくらいあるんです!最近は居酒屋に行っても小さなホッケばかりでがっかりすることが多いのですが、ひさしぶりに大満足。海鮮丼も店頭価格で3,000円以上するものらしく、ネタも新鮮でした。ウニなんか、ちゃんと塩水ウニです。当日は朝からかなり雪が降っていた寒かったのですが、それでも行って良かった!と思える食事でした。実は、今まで何回かこの権利を放棄していたのですが、なんてもったいないことをしてきたのかと反省しています・・・。めんどうくさがりは損をしますね。

今週も、当ブログにおつきあいいただきありがとうございました。良い週末を過ごしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

そうたろう

FXと節約を組み合わせた記事を書いています。 元会社員、元会社経営者にして元浪費家。現在、事業の失敗で背負った借金をせっせと返済しながらひっそりとフリーランスで生計を立てています。もっと早くお金の正体に気づいておけばよかったな〜などと後悔しながらも、あとの祭り的人生をそれなりに楽しんでいます。