ループイフダンと手動トラリピ、2017年第24週のトレード結果。週明けの低調を水曜日以降の巻き返しで何とかカバーできました。

シストレi-NET

今週のトレード結果

まずはループイフダンの結果です

仕掛け今週利食い回数今週確定損益(円)貢献度(%)6月累計確定損益(円)
豪ドル円B40 1lot52,25016.634,330
米ドル円B50 1lot42,05015.154,090
米ドル円B50 2lot44,11030.388,190
米ドル円B15 1lot47605.621,230
米ドル円S15 1lot324,36032.2211,480
合計4913,530100.0029,320

週明け月、火曜日の様子見相場では、2日間で米ドル円S15が7回のみの利食いでどうなることかと思いましたが、14日水曜日はFOMCを前に指標で大きく動き始め、ループイフダンも巻き返し開始となりました。週の確定利益1万3530円という結果には、それなりに満足しています。

ところで、ループイフダン稼働開始から積み上げた確定利益が約50万円になったので、複利効果を得るために、もう少しループイフダンのlotを増やしても良いかと思っています。これまで、ほとんど米ドル円一辺倒でしたが、ここのところ堅調な豪ドル円をもう少し厚くしても良いかと思います。

もともと、リピート系シストレには米ドル円よりも、方向性の出やすい豪ドル円のほうが向いていると言われていましたが、トランプラリー以降は米ドル円のボラティリティが大きく、収益性も高いことも確認されています。しかし、米ドルインデックスやユーロ米ドルなどでは、一足先にトランプラリーは終了しており、米ドル円もそろそろ軸足を移しておいても良いタイミングかもしれません。

 

ユーロ米ドル、英ポンド米ドルの1週間

6月12日〜6月17日のユーロ米ドル、英ポンド米ドル1時間足です。12日・13日の米ドル円・ユーロ米ドルの地蔵相場で唯一値動きがあったのが英ポンドでした。英総選挙後の政権運営はやや混乱しており、英国発の材料には市場がやや神経質に反応を続けました。FOMCで一旦「アク抜け」するかとも思いましたが、15日の英中銀(BOE)政策金利発表と声明においては、やや神経質な反応が見られました。来週以降も、引き続き英ポンドの動向には注意が必要かと思います。

米ドル円、米10年債利回りの1週間

6月12日〜6月17日の米ドル円、米10年債の1時間足です。終わってみると、週の始値は110.20円近辺から60pips程度上がって週の引けですが、14日の米指標以降は、上に下にと良く動いてくれました。リピート発注にせよ裁量トレードにせよ、これだけボラティリティがあるとトレードもやり甲斐がありますよね。

16日の指標は市場が警戒していたとおり弱く、111円台後半を試すことなく下落しましたが、この水準が意識されていることはあらためて明確になりましたから、当面は上値として111円台なかば〜111.70円付近を目指すことになるかと思います。一方で、日足や週足のテクニカルを見ると、まだ円高のほうが確率が高そうなので、来週以降も、108円までは簡単に下落するという前提でトレードする必要はありそうです。

豪ドル円、豪ドル米ドルの1週間

6月12日〜6月17日の豪ドル円、豪ドル米ドル1時間足です。豪ドル米ドルは、ところどころ0.75台に下落しつつも、しっかりと0.76台に戻すようになりました。豪ドル円も、米ドル・豪ドルともに堅調なので当然堅調です。

豪ドル米ドル手動トラリピ

利食い回数確定利益(円)6月累計確定利益(円)
001,760

豪ドル米ドルは引き続き堅調ではありましたが、手動トラリピはもう少しのところで利食いはなりませんでした。オーストラリア経済は、4月以降ほとんど良いところがありませんでしたが、今週になってようやく雇用統計等で強い数字が出され、復調の兆しが見られます。今週は裁量トレードで、豪ドル米ドルにエントリした方も多かったようですね。来週は、3月21日以来の0.77台に乗せられるかに注目しています。

豪ドル米ドルペアで「手動トラリピ」はじめました。この通貨ペアを選んだ理由や、発注の管理方法など。

2017.01.10

▼手動トラリピで利用中!▼

裁量トレード

今週は約150pipsの利益でした。手を出したくなかったユーロ円ですが、15日に買われすぎていたのでショートで入り、珍しくスキャルピングではなく、やや長めに持って50pips取れたのは僥倖でした。スキャルピングは勝率ほぼ100%でロスがないのがメリットなのですが、決済まで画面に張り付いていなければならないので、最近はちょっと時間がもったいない感じもしています。今後は少しずつ、通貨ペアや他のトレード方法も広げて考えていきたいと思っています。

くりっく株365

NYダウとFTSE100

また最高値を更新したNYダウを横目に、FTSE100が冴えませんが、ポジションを建てるには良い機会になりました。7,400付近で建てた買いポジションは、来週以降のお楽しみでホールドでも良かったのですが、先週・今週とくりっく株の利益がゼロというのもモチベーションが下がるので、7,490で利食いしました。FTSE100の配当は、来週以降7月末までを合計しても1,185円/枚と非常に低い期間なので、配当はあまり気にせず、含み益はこまめに利確していく予定です。

来週の証拠金

商品証拠金

6/12〜6/16
証拠金

6/19〜6/23
日経22540,60040,270
NYダウ23,19023,250
FTSE1009,96010,050
DAX21,27021,730

先週1万円を割り込んだFTSE100の証拠金ですが、今週はやや上がり1万50円/枚となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

そうたろう

FXと節約を組み合わせた記事を書いています。 元会社員、元会社経営者にして元浪費家。現在、事業の失敗で背負った借金をせっせと返済しながらひっそりとフリーランスで生計を立てています。もっと早くお金の正体に気づいておけばよかったな〜などと後悔しながらも、あとの祭り的人生をそれなりに楽しんでいます。