1月アメリカ雇用統計速報とループイフダンのトレード結果です。米ドル円S15がしっかり働いてくれました。

シストレi-NET

日銀の指値オペ

3日は14:00に予定されていた日銀の指値オペが突如12:30に通知されたため、長期・超長期金利抑制姿勢が明確と判断した市場が円を売り、数分間で60pips程度の円安になり、22:30の雇用統計まで、ズルズルと113.10あたりのレートを引きずった感じです。長期金利を抑制すれば通貨安に向かうのは当然のことで、それを中央銀行のオペでやっておきながら「円安誘導はしていない」というのも、正直なところちょっと無理がある感じがしますね。来週の日米首脳会談に向けて、悪い材料にならなければ良いのですが。

1月アメリカ雇用統計

さて、3日22:30はアメリカ雇用統計が発表になりました。

  • 米国非農業部門雇用者数 予想 +18.0万人→結果 +22.7万人
  • 米国失業率 予想 4.7%→結果 4.8%
  • 平均時給 予想 +2.7%→結果 +2.5%
これを受けての米ドル円(3日21:30〜1分足)です。

1勝2敗の結果なのですが、市場はネガティブな反応を示し、112円台後半を中心に乱高下した後は、23:30現在で112.70円あたりで落ち着き始めています。まあ、「1勝」は雇用者数なので、予想より約5万人プラスとはいえアメリカの全就業者数が1億5000万人であることを考えると、誤差の範囲以下とも言えますよね。

同じ時間の豪ドル米ドル1分足です。最近めっぽう強いオセアニア通貨ですが、2日からやや調整ムードだったものの今回は勢い良く反応し、50pipsほど上げて0.7675あたりを中心とした値動きになっています。

豪ドル円と比較するとわかりやすいのですが、上昇が米ドル円下落で相殺されています。最近のオセアニア通貨・資源国通貨高をトレードに活かすのであれば、やはりドルストレートのほうが良さそうです。

豪ドル米ドルペアで「手動トラリピ」はじめました。この通貨ペアを選んだ理由や、発注の管理方法など。

2017.01.10

ループイフダンはS15のみ利食い

米ドル円はざっくり言って80pips下がって35pips上がる、という展開だったので、さすがにB50は作動せず、米ドル円S15だけが8回利食いしました。豪ドル円は先ほどのチャートのとおり、あまり値動きがなかったので利食いなしです。最近、収益全体に占める米ドル円S15依存率がかなり高まっているので、稼働を止めるにもどこで止めようか悩ましいところです。10日の首脳会談は、いかに円高のシナリオを食い止めるか(110円前後?)という攻防でしょうから、米ドル円116円以上を試すという展開は、ちょっと考えにくいんですよね。ということは、いましばらくはS15も動かしておいて良いかも、などと考えています。明日、今週のトレード結果を分析しながら、検討してみたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

そうたろう

FXと節約を組み合わせた記事を書いています。 元会社員、元会社経営者にして元浪費家。現在、事業の失敗で背負った借金をせっせと返済しながらひっそりとフリーランスで生計を立てています。もっと早くお金の正体に気づいておけばよかったな〜などと後悔しながらも、あとの祭り的人生をそれなりに楽しんでいます。