ループイフダン米ドル円S15しか働かない週明け。20回のトレードでした。口閉じテープの代用品を探したお話も。

一気に円高が進んだ週明け

米ドル円

トランプ政権の保護主義的政策を嫌気して、かなり円高が進んだ週明けとなりました。

30日6時からの米ドル円15分足です。指数発表が22:30に個人消費・個人支出、0:00に中古住宅保留指数とあり、おおむね事前予想どおりだったのですが、それまでもちこたえていた底値が割れて下落していった感じです。それでも、サポートは比較的しっかりしており、113円を割り込むような勢いまでは見られませんでした。
これだけ下げ相場だと、さすがにループイフダン米ドル円B50は一度も利食いできません。ポジションをいくつか建てただけでした。代わりに活躍したのが、先週25日から稼働させている米ドル円S15。迷いながら下がっていく動きを拾い、合計20回利食いしてくれました。
また、裁量トレードですが、23時頃を過ぎて下落の方向性がはっきりしたタイミングでショートを入れ、手堅く50pipsほど利確できました。最近負けていないので、そろそろ手痛い損失を出しそうな予感がしています(笑)

豪ドル円、豪ドル米ドル


30日6時からの豪ドル円15分足です。こちらは、ほぼ米ドル円に引っ張られた値動きで下落基調。ループイフダン豪ドル円B40は利食いできず、でした。

珍しく、複雑な値動きをしたのが豪ドル米ドル。こちらも30日6時からの15分足です。乱高下しながらも始値と終値がほぼ同水準ですから、米ドル売りは豪ドルには流入していないということですね。ユーロ米ドルも終値はほぼ戻しており、結局のところ安全資産としての円が買われているといういつものパターンのようです。豪ドル米ドル手動トラリピも、利食いなしでした。

ダウは早くも2万ドル割れ

ダウが早くも2万ドルを割ってしまったのは残念でした。これもいつものパターンですが、円高とアメリカの株安を受けて、日経平均もまた1万9000円台を割り込んでしまいそうですね。

今週は指標発表が続きます

今週は、金曜日の雇用統計前にも、アメリカ、欧州とも指標発表が続きます。少々、市場が神経質になっている感じがありますので、何かをきっかけに急な方向性が出るかもしれないと警戒しています。なんか、嫌な雰囲気ですよね。

健康小ネタ

不思議なことに、このブログでは健康ネタの記事を多く見ていただいているようなので(ありがとうございます)、最近実践して効果があった健康の小ネタをもう一つ書かせてもらいます。

私の枕カバーはいつも洗いたて

私は昔から、朝起きると枕が唾液で濡れていることがけっこう多くて、まあそんなものかと思って、マメに枕カバーを洗濯する、くらいの対応をしていたのですが、よく考えてみると、唾液が出るということは、寝ている間に口が開いていて、乾燥を防ぐために出ているんですよね。それで、ネットで検索してみると、口を粘着テープでとめて寝るという対処方法があり、しかも医療機関でも処方されているとか。これです。

早速使ってみたところ、確かに枕を唾液で濡らすことはなくなりました。それから、朝起きて、喉や鼻の奥の粘膜が痛いことがたまにあったのですが、それもなくなりました。これでいびきをかかなくなった、という方も多いみたいですね。やっぱり、睡眠時の呼吸に問題があったようです。生まれてからウン十年、まさか口をテープで閉じて眠る日が来るとは夢にも思いませんでした。

これってただの粘着テープでは…

しかしこのネルネル、1枚あたり30円ほどと、なかなか良いお値段です。でもこれって、ただの粘着テープだよね、ということに気づき、最近は100均で売っているメッシュタイプのサージカルテープ(手で簡単に切れるやつです)を使っています。私の場合は問題ありませんでしたが、肌がかぶれやすい方は、サージカルテープのほうが肌には悪いので、翌日がお休みの日に試してから(顔の目立つ場所なので、かぶれると恥ずかしいです)継続使用すると良いと思います。サージカルテープ以外にも、ディスカウントストアのPB絆創膏だったら1枚あたり1円くらいですから、何種類か使ってみて肌に合うものを見つけると良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

そうたろう

FXと節約を組み合わせた記事を書いています。 元会社員、元会社経営者にして元浪費家。現在、事業の失敗で背負った借金をせっせと返済しながらひっそりとフリーランスで生計を立てています。もっと早くお金の正体に気づいておけばよかったな〜などと後悔しながらも、あとの祭り的人生をそれなりに楽しんでいます。