米ドル円は一時110円台に下落。G7を控えて様子見相場が続きます。

米ドル円は一時110円台に下落

25日のNY時間は米ドル円に大きな動きはなかったのですが、26日のアジア時間に入って円高・米ドル高の兆候が出始め、相対的にユーロ・英ポンド・豪ドルなどが大きく下げる動きが見られました。先に米ドル円のほうが息切れしたので、結果的に円の独歩高となりアジア〜欧州時間にかけて徐々に円高が進行します。18:00過ぎにはとうとう110円を割り込みますが、21:30現在111.10円あたりまで戻しています。

米ドル円下落要因のひとつに、原油の下落があります。25日のOPEC総会と非加盟国協議を経て9ヶ月の減産合意と、織り込み済みの事前予想どおりだったため、NY時間で50米ドル台まで下落、26日の欧州時間では48米ドル台まで下落、米10年債利回りが2.24%を割り込んでいます。

米ドル円が111円を割り込んでも一気に下落するほどの材料もないのですが、111.0円はサポートとしてあまり機能していませんので、110円台なかば〜後半の範囲で下値を試す展開は十分にありそうです。

週末はG7と日米首脳会談、来週は雇用統計なので、週末を控えた今日26日は、NY時間にかけても動きにくいところかと思います。FXは様子見しつつ半分諦めるとして、くりっく株365の日経225がかなり下落しているので、売りで入って利益を確保しています。

たった今(26日21:30)、米第1四半期実質GDP(改定値)が前期比年率+1.2%と発表され、予想の+0.9%を上回りました。米耐久財受注なども予想を上回り、少し米ドルが買われましたが、米ドル円は111.15円付近までですね。

米ドル円、米10年債

日6時からの米ドル円と米10年債利回り15分足です。米ドル円は長期金利しだいといったところですが、底も堅いのでレンジが狭くて退屈です。

豪ドル円、豪ドル米ドル

日6時からの豪ドル円と豪ドル米ドル15分足です。豪ドル米ドルは、すっかり0.75台への意欲を失ってしまい0.74台前半の推移、ともするとさらに下落かという値動きです。

ループイフダン

25日のループイフダンは、昨日の記事でS15が1回と書いていましたが、なんとこれは見間違いで、ひさびさの利食いゼロでした。26日は米ドル円下落でS15が5回の利食い。あまり大きい値幅でもみ合わない値動きなので、15pips得意の、同じ値幅を行ったり来たりで利食い回数を稼ぐ、という動きもないのが寂しいところです。週末なので、この後のNY時間も期待薄ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

そうたろう

FXと節約を組み合わせた記事を書いています。 元会社員、元会社経営者にして元浪費家。現在、事業の失敗で背負った借金をせっせと返済しながらひっそりとフリーランスで生計を立てています。もっと早くお金の正体に気づいておけばよかったな〜などと後悔しながらも、あとの祭り的人生をそれなりに楽しんでいます。