NY時間に荒れ狂う米ドル円レート。最近、夜はちゃんと寝ているのでやめてほしいです。

NY時間に注意が必要です

米ドル円


27日6時からの米ドル円15分足です。アジア・欧州時間は比較的静かな値動きだったのですが、NY時間に入って22:30に米耐久財受注と中古住宅販売保留指数が発表されるも、10pips程度の限定的な反応。今日もこのまま持ち越しかと思った矢先の0時頃に112.30円台をつけて値動きが活発になってきましたが、112.0円決済のショートを入れて、昨日は疲れていたのでそのまま寝たら、一瞬112円を割った1:30に決済されていたのでラッキーでした。3:00前後に米国債利回りを受け、市場では112.50円前後に入れられていたらしい逆指値が大量に発動したらしく、100pips前後も動きました。その後は、先ほど28日10:00頃まで、112.70-80円で推移していました。でも、月末・期末の利確やトランプ大統領議会演説前のポジション調整で、112.60前後まで下がっていますね。
値動きしてくれるのはありがたいのですが、NY時間だと、以前はけっこう夜ふかししていましたが最近は寝ているので、できる仕掛けが限定的で残念な気持ちになります。しばらくこの傾向が続くなら、フリーランスの特権をフルに活かして昼夜逆転生活にすることも一考の余地があるかもしれません。

豪ドル円


27日6時からの豪ドル円15分足です。米ドル円主体の値動きですね。先ほど、28日9:30にオーストラリアの四半期経常収支が発表され、-39.0億豪ドル(予想:-40.0億豪ドル)とやや良い数値だったのですが、市場はやや豪ドル売りで反応しました。昨晩買われた米ドルが戻るとすれば、消去法で日本円か豪ドルでしょうが、できれば豪ドルに行ってほしいところです。

豪ドル米ドル


27日6時からの豪ドル米ドル15分足です。28日10:30になって急騰しているのでスクショを撮りなおしました。やはり、資金はユーロ買いには向かわないようですね。豪ドル米ドル手動トラリピは、今日もう一回利食いして、2月は利食い4回=およそ週に1回、という結果にしたいところなので、期待しつつ見守りたいと思います。

ループイフダン

こんな日は、寝ていても働いてくれるループイフダンのありがたみを感じます。朝起きたらいっぱい利食いしていました。昨日は米ドル円S15が7回、B15が12回、B40が1回、豪ドル円B40が1回。今日も引き続き活発な値動きが続きそうなので、結果に期待したいと思います。

トランプ大統領議会演説

さて、今日はいよいよトランプ大統領の議会演説です。現地時間21:00なので、日本時間は3月1日11:00になります。事前の予想どおりであれば、軍事費の拡大、オバマケアに代替する医療制度、インフラ投資などに加え、大注目の減税についても言及があると言われています。小幅ながら続伸しているNYダウ平均が、ここで一気に2万1000ドル突破などとなれば、シナリオとして出来過ぎですよね。日本株にとっては場中のイベントになりますので、株価への影響も大きいと思われます。
トランプ大統領に政策について、日本の報道はかなりバイアスがかかっている印象があるので、私はこういった重要なスピーチについては、先入観をできるだけ捨てて、全編にわたって観るようにしています。安倍首相の訪米・首脳会談時の報道なんかは、大げさでなく誤報レベルですよね。自分の大切なおカネを守るためですから、その根拠となる情報ソースは慎重に選んでいきたいものです。

大統領議会演説中継が予想されるネットメディア
【Bloomberg】
https://www.bloomberg.co.jp/live/asia
【Reuters】
http://jp.reuters.com/news/video/live

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

そうたろう

FXと節約を組み合わせた記事を書いています。 元会社員、元会社経営者にして元浪費家。現在はフリーランスで生計を立てています。もっと早くお金の正体に気づいておけばよかったな〜などと後悔しながらも、あとの祭り的人生をそれなりに楽しんでいます。