イタリアでポピュリスト政権が誕生。最悪のシナリオは避けられたとの見方が広がり、ややリスクオンです。

イタリアにポピュリスト政権が誕生!

政治経験のないコンテ氏が次期首相に

混乱していたイタリア政治情勢ですが、ポピュリスト政党の「五つ星運動」と「同盟」が連立政権を樹立、新内閣が現地時間の16時(日本時間23時)に就任することになりました。新政権は公約どおり歳出拡大に向かう可能性が高く、ユーロ圏経済にとっては引き続き重石となりそうです。

法学教授で政治経験のないジュゼッペ・コンテ氏が新首相になる見通しですが、議院内閣制でこういうことは、世界的に見ても非常に珍しいですね。私はちょっと記憶にありません。

これで安心・・・なわけはない

ということで、これらが安心材料になるとはとても思えないのですが、再選挙やユーロ離脱という最悪のシナリオだけは回避されたというマーケットの見方なのでしょう、イタリア政治懸念前のリスクオンには回帰しつつあります。

ユーロ米ドルも回復してきましたが、やはり1.70付近では上値が重くなるようです。

ユーロ米ドル時間足

これに連れてユーロ円も128円付近まで上昇。一昨日には124円を割り込むかという勢いで下落していたのに、ものすごい回復力ですね。

ユーロ円時間足

ということで、クロス円は全般に堅調ですが、豪ドル円は豪ドル米ドルがやや弱く、82.00〜60円あたりでの揉み合いとなっています。

豪ドル円時間足

豪ドル円を日足で見ると、現在は一目均衡表の信憑性がかなり高いように見えます。

クロス円なので、米ドル円・豪ドル米ドルそれぞれの主体性が強い時は、豪ドル円のテクニカルはあまりあてにならないのですが、私は使えるときは使うようにしています。

となると、やはり82円台でしばらく揉み合いが続きそうですが、6月13日あたりから雲の下限がやや上昇してくるので、雲に沿った動きが続くことを前提とすれば、この時期にやや上昇が期待できそうです。

でも、13日って、約2週間も先ですね・・・。

豪ドル円日足

それでもやっぱり雇用統計

さて、今日はなんと言っても米国雇用統計です。以前より注目度は下がった感が否めませんが、やはりいまだに、指標の王道と言えるのではないでしょうか。

事前予想は非農業部門の雇用者数が19万人、失業率が3.9%ですが、前哨戦である5月30日のADP雇用統計を見るかぎりは、それほど弱い数字にはならないと思われます。

ユーロ米ドル上昇による米ドル売りや、トランプ大統領の保護主義的発言がまた強まってきたこともあり、全般米ドルがやや弱いのですが、同時に円も売られるので、米ドル円はちょっと動きにくそうです。

米ドル円時間足は三役好転なのですが、日足では109.74円で基準線と転換線が重なっており、やはりこのあたりは重くなりそうです。

米ドル円時間足

米ドル円日足

今後もきっとユーロはお騒がせ

降って湧いたように騒がれたイタリア政治懸念も払拭、とまではいきませんが、ユーロ圏は19カ国分の政治を内包しているので、今後もこんなことを繰り返していくのでしょうね。次はスペインでしょうか。

まずは、今夜の米国雇用統計に集中したいと思います。私のループイフダンは、豪ドル円が82.80円をつければ利食いがあるので、瞬間的にでも吹き上がってくれないかな、などと淡い期待もしつつ。

▼3万円キャッシュバックキャンペーン実施中!▼
シストレi-NET

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

そうたろう

FXと節約を組み合わせた記事を書いています。 元会社員、元会社経営者にして元浪費家。現在はフリーランスで生計を立てています。もっと早くお金の正体に気づいておけばよかったな〜などと後悔しながらも、あとの祭り的人生をそれなりに楽しんでいます。