梅雨なので、バスタオルをフェイスタオルに置き換えました。

子供の頃から、無意識に習慣としてとっている行動は、なかなか客観視できないものです。その一つが「風呂あがりのバスタオル」ではないでしょうか。

かくいう私も、物心ついて以来ウン十年、風呂やシャワーの後には、当たり前のようにバスタオルを使って髪や体を拭いていました。

でもバスタオルって、使うときは快適なのですが、洗って干すのが大変なんですよね。だから、バスタオルは何日も洗わないという人もいたりするのでしょう。

私の場合は、「男ひとりで不潔になったら終わり」という、ある種の強迫観念のもとに、1度使ったバスタオルは必ず洗うようにしているので、洗濯物に占めるバスタオルの割合が、多いときで半分を超えることもありました。

ところが梅雨の季節や冬場なんかは、干してもバスタオルだけは一日で乾かないので、けっこうストレスだったりします。

そこで、バスタオルを全てフェイスタオルに置き換え、どの程度の不便が生じるか試してみることにしました。購入したフェイスタオルはこちらです。

届いて実物を手にしてみると、思っていたよりは若干薄く、どの程度吸水するのか疑念が生じました。

まあこれは、洗いやすさ(乾きやすさ)とのトレードオフですから、あまり分厚いフェイスタオルだと、バスタオルと変わらない洗濯の手間がかかってしまい、置き換えの意味がありません。

しかし、実際に使ってみると、もちろんバスタオルほどは水分を吸わないのですが、まあ許容範囲といった感じです。コツとしては、タオルを使う前に、髪や体についた水分を、手で払うように落とすことです。これをやるかやらないかで、かなりの差が出ます。

髪に残る水分は、どうしてもバスタオルで拭いたときより多くなり、ドライヤーで乾きにくくなりますが、短髪であれば、ドライヤーの時間が1分程度長くなるかどうか、という感じです。

さすがにロングヘアーの方は、この置き換えは難しいと思いますが、女性でもショートかセミロングくらいなら問題ないと思います(女性は平均的に体の表面積も男性より小さいので)。

そして洗濯は、バスタオルがなくなったことで快適そのものになりました。こんなにも違うものかと、感動をおぼえるほどです。干す作業時間も短縮できるので、ドライヤーで余分にかかった1分くらいは簡単に取り戻せそうです。

バスタオルの撤廃は、当たり前に続けている習慣を見直すことが、生活を快適にするという良い事例になったと思います。

洗濯物の乾燥に悩まされる梅雨時ですから、私と同じような悩みを抱える方は、ぜひ置き換えを検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

そうたろう

FXと節約を組み合わせた記事を書いています。 元会社員、元会社経営者にして元浪費家。現在はフリーランスで生計を立てています。もっと早くお金の正体に気づいておけばよかったな〜などと後悔しながらも、あとの祭り的人生をそれなりに楽しんでいます。