たまにFAX送信する程度なら、無料アプリ「FAX.de FreeFax」で十分です。

シストレi-NET

FAXという昭和の遺物

いまや、書類のやりとりはほとんどデータの送受信で済みますが、年に何度かは、なぜかFAXを指定されることがありませんか?私は最近、クレジットカード受け取りの「本人限定受取郵便」で、郵便局への受取日時の連絡に電話かFAXを指定されたのですが、何度かけても電話がつながらず、仕方なくFAXで送るときに利用しましたが、それ以外だと、去年も1回同じことがあったかな?というくらいの低頻度です。年に数回しか使わないのに、わざわざFAX回線を引くのは無駄ですし、かといって、FAXを送るためだけにコンビニまで行くのも面倒です。

そこで発生する「PCやスマホアプリからFAX送信したい」というニーズはけっこう昔から認識されており、そういったサービスを提供する会社も多いのですが、初期費用や月額課金されるものが多く、年に1回だけ、というような用途には不向きです。

参考:freesoft100「インターネットFAXサービス比較・一覧表」

しかし、「初期費用も基本料金も不要で、1日1回なら無料で送信可能」という太っ腹なFAX送信サービスがあるのをご存じでしょうか?それが「FreeFax」(FAX.de FreeFax International)です。iPhone・Androidの両方に対応していますが、この記事では、iPhoneでの実際の使い方を見ていきます。

インストール〜使い方

まずは、AppStoreから「fax de 」で検索するか、こちらのリンクからアプリをダウンロードして起動します。「Available Pages:1 FREE」と表示されており、初期状態で1枚の無料FAXが送れることがわかります。

 

「Send Fax」ボタンをクリックすると、相手の名前とFAX番号を入力する画面になります。FAXを送るだけなら、名前の入力は必須ではありません。Cover(表紙)もつけられるようになっていますが、残念ながらiPhoneの無料プランでは使えない仕様になっています(現在のところ、Androidアプリでは無料でも表紙が利用できるようです)。

 

「Next」を選ぶと、どのファイルを送るか聞いてきます。FAXの場合はPDFファイルを送信するケースが一番多いでしょうから、オンラインストレージが最も便利だと思います。iCloudの場合、接続するとドライブ内にFreeFax用のフォルダが作られますので、PC側のブラウザでiCloudドライブを開き、その中にPDFファイルをドラッグ・アンド・ドロップすれば、iPhoneアプリ側からアクセスできます。

Google Driveの場合は、「External Files」から「その他」を選び、Google Driveをオンにすれば、iCloudと同じように、ドライブ内のファイルにアクセスできます。

 

あとは目的のファイルを選んで送信するだけです。送信が完了すると、次の無料送信まで何時間かというカウントダウンが始まります。

 

※Android版は若干UIが違いますが、基本的な使い方はiPhoneと同じです。

無料送信サービスの今後

こういった無料サービスは、ほどほどに利用者が増えると打ち切られるのが世の常ですが、私の知るかぎり、過去5年間は条件がつけられることもなく1日1枚の無料送信が継続しているので、今後も急に打ち切りという可能性は低いと思います。「FAX.de FreeFax」には、大量に送信したい場合のための有料プランもありますので、そういう必要性が生じた場合は、応援の意味も含めて課金させていただきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

そうたろう

FXと節約を組み合わせた記事を書いています。 元会社員、元会社経営者にして元浪費家。現在はフリーランスで生計を立てています。もっと早くお金の正体に気づいておけばよかったな〜などと後悔しながらも、あとの祭り的人生をそれなりに楽しんでいます。