ヤフープレミアム6ヶ月無料おためしは、「複数IDで」「おためし開始時から」おトクに使い倒しましょう。

言わずと知れたヤフープレミアムは、月額499円(税込)で出品を含むヤフオクの制限なし利用や補償、ヤフーショッピングやロハコでのTポイント増量、コンビニ商品の抽選プレゼントなどの特典が受けられる有料サービスであり、他にも特典として多くのメニューが用意されていますが、ほとんどの会員がめあてにしているのは上記の3サービスくらいなので、2016年の会費値上げ(410円→499円)もあり「使う月だけ払う」というスタイルの会員が急増したものと思われます。

そこでヤフーは、プレミアムサービスを一定期間無料で使わせて、メリットを実感させて有料継続するか、あるいは無料期間でのプレミアム解除を忘れて有料継続するかというマーケットを拾うことにしたのでしょうか、多くのYahoo JAPAN IDに「6ヶ月無料」のお誘いがあるというのは、よく聞く話かと思います。

無料おためし申込みで499円の収入

たいていのブログ記事では「このリンクをクリックして6ヶ月無料が出れば対象者」という案内になっているかと思いますが、そのリンクからではなく、自分で登録したポイントサイト経由で無料おためしを開始すれば、500円程度の収入が得られます。現在、Mark Pointで最もポイント還元の高いポイントサイトを検索すると、「えんためねっと」の499円が最も高いようなので、えんためねっとに登録して収益化しましょう。

えんためねっとではヤフープレミアム有料会員登録の案件は1回しか利用できないので、2回目以降は、先程のMark Pointを参考に別のポイントサイトを経由してください。ちなみにモッピーは300円とポイントは下がってしまいますが、えんためねっとと違い、再登録OKです。

複数のYahoo JAPAN IDを作っておく

6ヶ月無料対象となるYahoo JAPAN IDの基準には諸説ありですが、一つだけ確かなのは、複数IDを持っていれば対象となる確率が上がる、ということです。しかし、一時期に集中して多くのIDを作成しても確率が上がるわけではなく、ID作成時期をずらすということが重要です。

私の経験から言って、確実に無料対象にならないIDとして、「無料にしなくてもプレミアム利用しそうなID」と「作成したてのID」があげられます。前者は、つまりいわゆる本アカで、私の場合10年以上前に取得して、ヤフオクでも200程度の評価がついているアカウントは、一度だけ「2ヶ月無料」対象になったことはありますが、6ヶ月無料の対象にはなったことがありません。一方で、今日取得したIDがいきなり6ヶ月無料になる、というケースにも遭遇したことがなく、結論として数ヶ月前に取得して寝かせてあるIDは、かなり高い確率で無料6ヶ月の対象となるようです。

Yahoo!JAPAN IDの複数取得って、規約違反じゃないの?
規約違反にはあたらないのでご安心ください。
「別のYahoo! JAPAN IDを登録したい」(Yahoo!JAPAN)

ヤフープレミアム登録へのリンクで無料対象にならなくても

ヤフープレミアム登録へのリンクを踏んで無料の対象にならなかった場合でも、ヤフーショッピングのページに行くと、なぜか「2ヶ月無料」のお知らせが出ていることも多いですし、カートに商品を入れて決済画面まで行くと、今度は「最大6ヶ月無料」のお知らせが出てくることも珍しくないので、この場合は送料無料の安い商品などを購入して6ヶ月無料の適用を受ける方法もあります(ただし、この方法では、えんためネットなどポイントサイトのヤフープレミアム登録にはならないようで、ポイントが付与されません)。

下記の画像は、すべて同じ日、同じYahoo!JAPAN IDのものです。

ヤフープレミアム申込みでは無料対象外ですが

Yahoo!ショッピングでは「2ヶ月無料」のお知らせが

さらに、カートに商品を入れて決済まで進むと「6ヶ月無料」のお知らせ

複数のヤフープレミアムIDを持つメリット

ヤフオク利用とショッピングのTポイント増量のためなら、1つのYahoo! JAPAN IDがプレミアムであれば十分です。複数のプレミアムIDを持つメリットとしては、まず上にあげた無料おためし登録時のポイント収入がID数分得られることに加えて、最大のメリットとしてコンビニ抽選の当選確率がIDの数だけ上がるというのがあります。


ヤフープレミアム コンビニ抽選キャンペーン

月曜日(隔週) ミニストップ 1万人
火曜日 ファミリーマート 1万人
水曜日 セブンイレブン 3千人
金曜日 ローソン 1万人

各回、100~200円程度のドリンクやホットスナック(からあげくんやファミチキなども)、スイーツが賞品になっており、無料でもらえるならそこそこ嬉しい内容だと思います。セブンイレブンの3千人は当選数が少なくあまり当たらないのですが、月・火・金の1万人の当選がどの程度かというのは、ちょっと感覚的にイメージしづらいかと思います。

私の場合、複数のYahoo!JAPAN IDのうち8個が6ヶ月無料プレミアムの対象になっているのですが、8個あれば、毎回ほぼ確実に1個は当たります。今週のファミリーマートのバウムクーヘン(154円)は、3個も当たりました。逆に、からあげくんやファミチキが賞品のときは倍率が上がるらしく、全IDで外れることもあります。賞品で頻繁に出されるコーヒー(店頭のマシンで淹れるタイプ)はいらないのでスルーしていますが、それでも、おそらく1ヶ月あたり1,000円くらいの賞品は継続的に当選していると思います。

いい年したオッサンが1,000円くらい払えよ、と言われそうですが、どの賞品もお金を払って、わざわざコンビニに行ってまで買わないですよね。そもそも出張先以外では、滅多にコンビニに行きません。だから、当選したからコンビニに行って、賞品をもらうついでに珍しい新商品なんかも買ってみるという、ちょっとした非日常感があって楽しいのです。

ヤフープレミアム解約は忘れずに

ということで、使い倒せばそれなりにメリットが大きいヤフープレミアムの6ヶ月無料おためしですが、解約月をカレンダーにアラート付きで登録するなどして、忘れないようにしてください。今月(6月)からの6ヶ月無料であれば、当月を含む6ヶ月間なので、11月末までが無料期間になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

そうたろう

FXと節約を組み合わせた記事を書いています。 元会社員、元会社経営者にして元浪費家。現在、事業の失敗で背負った借金をせっせと返済しながらひっそりとフリーランスで生計を立てています。もっと早くお金の正体に気づいておけばよかったな〜などと後悔しながらも、あとの祭り的人生をそれなりに楽しんでいます。