ペーパードライバーになってしまわないように、カーシェアのタイムズカープラスを使ってみませんか。せっかくならMINIやAudiで。

当ブログでも推奨しているカーシェアリングサービス。トップシェアを誇るタイムズカープラスは、ステーションも増え続け、さらに利用しやすいサービスへと進化を続けています。

よほど不便な地域でないかぎりは、クルマを所有する必要はおろか、運転する必要すらなくなってきました。今後、自動運転などの普及により、この流れはさらに進むと思われます。しかし、ドライブしたい気分のとき、田舎に行ったときなど、ごくまれにでも運転する必要のあるシーンに遭遇します。なのに、普段運転する機会はどんどん減る一方なので、運転するのは不安ですよね。

そこで、タイムズカープラスのナイトパックがオススメです。夜なら渋滞も少ないですし、ドライブに出かけませんか?それも、どうせなら、ちょっといいクルマで行きたいですね!

タイムズカープラスは、利用しなくても「月額基本料」がかかります

タイムズカープラスは、個人会員になると、毎月1,030円の「月額基本料」がかかります。>この基本料は、まったく利用しない月はそのまま返ってきませんが、利用した月は、利用料に充当することができます。月額基本料をムダにしないためには、15分刻み206円で借りられる「ショート」プランで、だいたい1時間ちょっと利用するのが、最もコストパフォーマンスが良さそうです。

タイムズカープラスには「プレミアムクラス」があります

タイムズカープラスには、「プレミアムクラス」という車種があるのをご存知ですか?低料金の「ベーシッククラス」では、日産のノートやマツダのデミオが多いのですが、プレミアムだと「MINI One CROSSOVER」や「AudiA1」などの、ちょっとハイクラスな車種が選べるのです。
2016-10-20-12-40-43
でも、このプレミアムクラス、15分刻みのショートで借りると、412円と、ベーシッククラスの2倍の料金になります。ちょっと、もったいない気がしますね。

パック料金なら、ベーシックとプレミアムの価格差はありません!

ところで、タイムズカープラスには、一般のレンタカーのように6時間、12時間など長時間で借りるプランも用意されています。しかし、じゃらんレンタカーなどで安く便利に借りられる現在、あえてタイムズカープラスで長時間借りるのは、あまりオススメできません。
2016-10-20_13_09_29
しかし、タイムズカープラスには、「アーリーナイトパック」「レイトナイトパック」「ダブルナイトパック」という、長時間パックが半額以下となるプランが用意されています。

ただし、パックプランでは、ショートプランではかからない「距離料金」がかかります。一般のレンタカーでもかかる、ガソリン代と考えて良いと思います。1kmあたり16円なので、燃費技術が向上した昨今は、ちょっと割高感がありますけどね。

18:00〜24:00のアーリーナイトパックなら、夜の買い物にも利用できそうですし、同じ料金で9時間も利用できるレイトナイトパックなら、深夜のちょっとした遠出ドライブにぴったりです。9時間で2,060円は、さすがに格安レンタカーでも対抗できない価格だと思います。

さらに、先ほどご紹介した「プレミアムクラス」の車種も、パックプランならいずれもベーシッククラスと同額で利用できます。ミニやアウディでドライブなら、ちょっと行ってみたいと思いませんか?ペーパードライバーになってしまう前に、定期的にこういった方法で運転の感覚を忘れないようにしましょう!



今なら月額基本料2ヶ月無料

このキャンペーンは終了しています。
2016-10-20-13-30-04
タイムズカープラスでは、今なら月額基本料2ヶ月無料と、入会時にかかるカード発行手数料(1,550円)無料キャンペーンをおこなっています(10月31日まで)。

また、タイムズカープラスには学生プランも用意されており、4年間は、固定でかかる月額基本料が課金されません。過去の記事でもご紹介したとおり、放送大学でももちろんOKです

放送大学の学生になれば学割特典がいっぱい。秋学期の出願締切間近です!

2016.08.16
この機会にぜひ、タイムズカープラスの入会を検討されてみてはいかがでしょうか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

そうたろう

FXと節約を組み合わせた記事を書いています。 元会社員、元会社経営者にして元浪費家。現在、事業の失敗で背負った借金をせっせと返済しながらひっそりとフリーランスで生計を立てています。もっと早くお金の正体に気づいておけばよかったな〜などと後悔しながらも、あとの祭り的人生をそれなりに楽しんでいます。