春です。エアコン暖房を使わなかったこの冬の電気料金を集計します。

春です


3月も後半に入り、西日本ではだいぶ春らしくなってきました。近所の公園じゅう探し回って、1本だけ小さく花が咲いている木を見つけたので桜かと思ったら、やっぱり梅でした。とはいえ、あと1週間もすれば関東以西はほとんどの地域で桜の開花ですから、本当にこの時期は楽しみですよね。

ループイフダン利食いゼロ回。こんな日は下手に動かず、暖房費の節約でもいかがですか。

2017.01.17
さて、以前記事にしたとおり今シーズンの冬はエアコン暖房を使わない生活をしており、電気代の節約だけではないその効果についても、下の記事で既にまとめました。

エアコン暖房なし生活の健康効果について。週明け、米ドル円はやや円高です。

2017.01.30
私は家事も全て自分でするので、冬の手荒れは悩みのひとつだったのですが、今年はまったく手荒れがなく、それだけでも良かったと思っています。そして、風邪もひかないまま春を迎えることができました。これで大幅な電気料金節約にもなっていれば最高です。

といことで、今シーズン(2016〜2017年冬)の電気料金を前シーズン(2015〜2016年冬)と集計して比較してみます。

電気料金は昨シーズンの半分以下!

 10月11月12月1月2月合計
2015-16年6,1216,26211,23411,2478,79343,657
2016-17年3,6233,2934,2583,6513,79918,624
差額2,4982,9696,9767,5964,99425,033
ひと冬で2万5033円(▲57.34%)と約6割減となりました。減少分のうち約980円は、昨年夏から利用している新電力会社Echange H.I.S.による料金5%減の効果なので、純粋なエアコン暖房なしによる節減効果は2万4053円(▲55.1%)です。

この金額を大きいと感じるかどうかは、金銭感覚や資産の状態によると思いますが、私としては、節約効果よりも、手荒れしない、部屋の空気が乾燥しないなどの副次的な効果のほうがインパクトが大きかったように感じています。室温が低く空気中の飽和水蒸気量が低いこともあり、異常乾燥注意報が出されるような日でも、部屋の湿度はせいぜい40%を少し切る程度までしか下がりませんでした。

どなたにでもオススメできる方法ではありませんが、私と同じように築浅鉄筋マンションに住んでいて、ある程度健康に自信がある方なら、次のシーズンに試してみても良いように思います。耐えられなかったら、いつでもやめることができますからね。 いつも頭がスッキリしていて、なかなか良い感じですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

そうたろう

FXと節約を組み合わせた記事を書いています。 元会社員、元会社経営者にして元浪費家。現在、事業の失敗で背負った借金をせっせと返済しながらひっそりとフリーランスで生計を立てています。もっと早くお金の正体に気づいておけばよかったな〜などと後悔しながらも、あとの祭り的人生をそれなりに楽しんでいます。