米ドル円は110円台維持の意欲を見せています。昨年12月に開始したトレードの確定利益合計が100万円を超えました。

シストレi-NET

北朝鮮に動きなし

25日16:00時点で、朝鮮人民軍85周年記念日に合わせた核実験やミサイル発射など、北朝鮮関連の大きな動きはありません。市場にはやや安堵感が広がっていますが、明日以降も北朝鮮が行動に出る可能性はそれほど変わりませんから、とりわけ米ドル円の急激な円高と日経225の下落には最大の注意を払ってポジションを整理しておく必要があろうかと思います。

米ドル円

24日6時からの米ドル円と米10年債利回り15分足です。24日のアジア、欧州時間ではリスクオフムードが後退して円が売られ株価も上がり、NY時間で爆上げかと期待しましたが、意外にもちょっとした塩対応でした。

米国債利回り低下を背景にNY時間に入って間もなく米ドル円は110円を割り込みます。もしかすると、そのまま窓埋めしてしまうのか?などと思われるほどに下落し、そのまま110円を回復することはなく、ようやく25日11時頃になって110.00-15円をつけ、さらに欧州時間に入って110.20-30円。110円台への意欲を見せながら、やはり地政学リスクが払拭できない中では、このあたりが限界といったところなのでしょう。

豪ドル円、豪ドル米ドル

24日6時からの豪ドル円と豪ドル米ドルの15分足です。豪ドル米ドルは、24日の欧州時間で一時0.76に乗せるかと思われましたが、その後は弱く、25日にかけて0.7550-0.7570のレンジとなっています。

ループイフダン

24日は米ドル円B50が2回、B15が6回、S15が5回。豪ドル円B40が3回の利食いでした。25日は15時現在、米ドル円B50が1回とS15が1回の利食いです。

 

くりっく株365

昨日はFTSE100が7,291まで上がったので、ほぼ最高値で全ポジション利確しました。ポジションによって建値にややバラツキがありますが、およそ1万6000〜7000円/枚といったところです。

少し早めに利確した理由として、トランプ大統領就任100日、フランス大統領選、シリア情勢、北朝鮮情勢など、まだまだリスク要因が多いので、近日中にまた株価下落の可能性があるのではないかと見てるためです。考えてみれば、4月18日までは7,300で建てたポジションですら、まあまあ値頃感があったくらいですからね。

米CB消費者信頼感指数

今日25日は、23:00に米新築住宅販売件数と米CB消費者信頼感指数の発表があります。前回はあまり気に留めていなかったのですが、意外と動いたんですよね。トランプ大統領への過剰な期待からやや冷静になり、指標にも従来どおりの反応が戻ってきた感がありますので、注意が必要かと思います。

運用開始からの利益が100万円を超えました

昨年9月から細々とトラリピ・ループイフダンでFXを再開し、裁量トレードやくりっく株365も織り交ぜて本格的にトレードを再開したのは12月からなのですが、4月25日時点で確定利益が100万円を超えました

運用口座開始元本4/25残高確定利益利益貢献割合
アイネット証券

(ループイフダン)
1,200,0001,572,530372,53037.05%
SBI FXトレード

(裁量、手動トラリピ)
600,000739,670139,67013.89%
岡三オンライン証券

(くりっく株365)
333,000826,350493,35049.06%
合計2,133,0003,138,5501,005,550100.0%

200万円程度の資金でトレードを開始していることや、12月1日からの経過日数が146日という短期間であることを考えると、まずまずの成績ではないかと思います。とくに危なげなく運用できたのが何より良かったと思っています。

利益の内訳として、くりっく株365が稼ぎ頭なのはわかっていましたが、開始元本が最も少ないにもかかわららず、全体の約半分を占める利益をあげているとは、やはり驚きでした。ちなみに、このほとんどがFTSE100による利益です。

このペースでいけば1年間で117%程度で運用ができる見込みですが、いつもトレードに適した地合いが用意されるという保証はありませんので、驕らず、また無理せず利益を積み上げていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

そうたろう

FXと節約を組み合わせた記事を書いています。 元会社員、元会社経営者にして元浪費家。現在、事業の失敗で背負った借金をせっせと返済しながらひっそりとフリーランスで生計を立てています。もっと早くお金の正体に気づいておけばよかったな〜などと後悔しながらも、あとの祭り的人生をそれなりに楽しんでいます。