LINE PayがGoogle Pay(QUICPay)で利用可能になりました。登録するだけで1,000円分のLINEポイントがもらえるキャンペーンも実施中です(所要時間1分)。

181121GooglePayLinePay

Google PayでLINE Payが利用可能に

登録するだけで1,000円分のLINEポイントがもらえます

キャンペーンは終了しました。

11月22日から、LINE Payが「QUICPay」としてGoogle Payで使えるようになりました

これに合わせて、LINE PayをGoogle Payに登録するだけで、LINEポイントが1,000ポイントもらえるキャンペーンが実施されています。

このキャンペーンは、登録したLINE Pay(Google Pay)を決済で利用する必要もなく、本当に所要時間1分程度の登録設定をするだけで1,000円分のポイントがもらえるというハードルの低さなので、Androidユーザーであれば、もはや参加しない理由はないと思います。

対応デバイスはAndroid5.0以上で、おサイフケータイアプリ(6.1.5以上)を搭載した機種です。

CHECK!「Google Pay(QUICPay)」連携開始記念キャンペーン
実施期間:11月21日(水)〜12月31日(月)

LINEポイントは、ポイントとしてLINEショッピングやスタンプを購入する際にも使えますし、LINE Payの残高にチャージしてJCBプリペイドカード(バーチャル/リアル)としても使えますので、現金に準じる利便性が確保されています。

現在のところGoogle Payアプリからの設定はできない

現在のところ、設定はLINE Payからしかおこなえませんが、将来的にはGoogle Payからの設定もできるようになるそうです。

以下はLINEアプリでの設定方法になりますが、この設定には、Google PayアプリとLINEアプリが必要なので、それぞれのアプリで必要な初期設定は済んでいるという前提でご説明します。

Google Payの登録が初めての場合、下記の招待コードを入力すると、もれなく500円分のGoogle Playクレジットが受け取れますので、よろしければご利用ください。

紹介コード:JPLM5296

まず、LINEアプリ画面上のメニューから、サイフのアイコンをタップし、残高の横のプラスマークをタップします。
LINE Payの画面が表示されたら、「QUICPay」のアイコンをタップします。
「LINE Payカード」未発行のユーザーは、ここでバーチャルカードかリアルカードのどちらかを発行する必要があります。
バーチャルカードであれば即時発行されてGoogle Payに登録できますが、リアルカードを選んだ場合は到着まで待つ必要があります
LINEPay01
LINEPay02
続いて表示される画面で、「Google Payに登録」「続行」をタップ。
LINEPay03
LINEPay04
続けて、「続行」「もっと見る」「同意する」をタップ。
LINEPay05
LINEPay06
「カード発行会社によりカードの確認がおこなわれています」と表示され、10秒ほどで登録が完了します。
LINE PayをQUICPayのデフォルトカードに設定したい場合はこのまま「OK」、現在のデフォルトカードのままにしたい場合はチェックマークを外して「OK」をタップします。
LINEPay07
LINEPay08
前の画面で「Google Payデフォルトカードに設定」した場合、ここで確認されますので、「メインカードに設定」をタップしてください。
ここれ「キャンセル」をタップすると、現在のメインカードのままになりますが、LINE PayのGoogle Pay登録設定は実行されます。
確認のためにGoogle Payアプリを起動して「支払い」メニューから確認すると、LINE Payが登録され、QUICPayのメインカードに設定されていることがわかります。
LINEPay09
LINEPay10
LINE Payをタップすると設定画面が開くので、ここで「QUICPayのメインカード」をOFFにすると、LINE PayとQUICPayの紐づけが解除されます。
あるいは、他のカードで「QUICPayのメインカード」をONにすると、LINE Payのメインカード設定は自動的に解除になります。
たったこれだけの設定で、即時にLINEポイント1,000ポイントが付与されました。
私は、早速LINE Payにチャージしたので、1,000円分の残高としてGoogle Payのほか、LINE Payのリアルカード・バーチャルカードでも利用することができます。
LINEPay11
LINEPay12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

そうたろう

FXと節約を組み合わせた記事を書いています。 元会社員、元会社経営者にして元浪費家。現在はフリーランスで生計を立てています。もっと早くお金の正体に気づいておけばよかったな〜などと後悔しながらも、あとの祭り的人生をそれなりに楽しんでいます。