どうしてもコンビニでの買い物が中心になってしまう方は、ヤフオクでお買い物券を買ってはどうでしょうか。米ドル円は110円台前半まで下落しています。

米ドル円は110円台前半まで下落

米ドル円

先週金曜日、24日6時からの米ドル円と米10年債利回り15分足です。10年債が2.35%近くまで下落して米ドルも売られ、先週末の引け寸前のNY時間で米ドルが一気に値を戻したのですが、これが帳消しになっています。値動きだけを見ると、下値を攻めそうな感じも出てきましたね。

トランプ政権がオバマケア代替法案の議会通過を諦めたことを受けての状況ですが、本丸は税制改革でしょうから、これが議会通過を阻まれるようだと、いよいよトランプラリー巻き戻しの局面も十分に想定されるかと思います。

先週22日の米ドル円下落以降は、もみ合いながら下がっていくのでボラティリティがありましたが、今日の値動きは一気に下落してそのままですから、トレードとしては面白くありません。今日は重要指標も少ないので、欧州とNYでもそれほど地合いが変わらないと思われます。また、来週4月7日の雇用統計に向けた様子見相場が始まるのでしょうか。

豪ドル円、豪ドル米ドル

先週金曜日、24日6時からの豪ドル円と豪ドル米ドル15分足です。豪ドル円は米ドル円とほぼ同じ値動きになっています。豪ドル米ドルはジリ高で、一時1豪ドル=0.7637米ドルまで値を戻しました。こちらも、材料難でしばらくは方向感に乏しい動きになるのではないかと思われます。

ループイフダン

今朝の米ドル円下落で米ドル円S15が5回利食いしました。B15/S15両建てを復活させるタイミングを見計らってはいますが、とりあえず110円のサポートはそれなりに堅いと判断すれば、安値である今はそれほど悪くないタイミングかと思っています。今日の欧州、NYを経て検討します。

ローソンお買い物券

コンビニは高いもの?

コンビニよりスーパーで買ったほうが何でも安いのはわかっていても、仕事の都合などでどうしてもコンビニ中心になってしまう方も多いかと思います。でも、コンビニは高いものだと諦めてしまうのはもったいないと思います。そこで一つおトクな利用法をオススメします。それが、オークションでローソンお買い物券を落札する方法です。

ドコモと業務提携を拡大中のローソン

ローソンはドコモとの業務提携を広げており、dポイントがたまる・使える「dケータイ払いプラス」対象のコンビニでもあるので、とりあえず今月中は「春のスーパァ〜チャンス」で最大26倍(26%)のポイントが付与されています。

ですから、dポイントクラブ会員の方は、忘れずキャンペーンにエントリーして適用を受けるようにしてください。

現在、ドコモのキャンペーンがらみということもあって、ローソンお買い物券がオークション市場に大量に出回っています。どういうことかというと、「冬のスーパァ〜チャンス」で付与されたdポイントは期間限定なので、3月末に期限が切れるのです。dポイントは用途が限られているので、使い切れないポイントを、ドコモのギフト券サービス「ギフトコ」でローソンお買い物券に換えて転売しているユーザーが多いものと思われます。

落札商品の選び方

まあ、背景事情はどうでもいいとして、とにかくヤフオクで「ローソン お買い物券」を検索すると、かなりの数がヒットします。おトクな商品を見つけてオークションの競りで入札しても良いのですが、コンビニで買い物をするような方はたいていめんどくさいのが嫌いでしょうから、「即決」で「価格の高い」ものから検索することをオススメします。

そうすると現在、4月1日期限ではありますが、上位に2万円分が1万1000円、1万円分が6,000円というものがヒットします(これはギフトコではなさそうですが)。使用期限に余裕があるものでも、たいてい額面の5〜10%程度は安く売られています。

ほとんどの場合、落札して「かんたん決済」で料金を払うと、「取引ナビ」で発券コードと発券キーを教えてくれるので、それで取引終了、という方法で取引が行われます。ローソン店頭では発券コードと発券キーをLoppiに入力してお買い物券を印刷するのですが、上に引用した、割引率の大きい2商品は、使用期限が迫っているほかに、200円券であることが大きな割引率につながっているものと思われます。1万円分だと200円券50枚ですから、Loppiでの印刷が面倒なうえに、レジでかなり恥ずかしい感じはありますよね。

4月1日までは、今日(3月27日)から数えて6日間ありますから、1万円分のお買い物券を落札して、1日あたり2,000円弱の買い物なら200円券10枚なので許容範囲かな…などという感じで、ご自分の買い物金額やローソン利用頻度なども考慮して落札する商品を選ぶと良いかと思います。冷凍食品やレトルト、缶詰など、消費期限が長いものを買いだめしておくのも良いのではないでしょうか。食事の他にお酒を買う方なんかだと、すぐに2,000円くらいになっちゃいますよね。

ただし、切手やタバコなど購入できない商品もあるので、注意してください。

たばこ、各種乗車券、回数券、各種商品券、各種金券、QUOカード、各種プリペイドカード、収納代行、切手、印紙、ハガキ、ダウンロードタイプの商品(ゲーム等)、地域指定ごみ袋、ネットショッピング商品代金等、Loppi取次ぎなど一部サービスにはご利用いただけません。
ギフトコのウェブサイトより)

ダイエーコンビニエンスシステムズ

どうでもいいお話ですが、ローソンはもともと、今はイオン傘下になっているスーパー大手「ダイエー」の子会社でした。40年ほど前に「ダイエーローソン」としてブランドをスタートさせ、90年代のコンビニ競争激化の時代は「ダイエーコンビニエンスシステムズ」という社名だったので、私はこれが印象深いんです。でも、若い方は、ほとんど知らないんですよね。

今はダイエーからは完全に独立し、三菱商事系列企業となっています。ダイエーブランドは事実上消滅し、ローソンだけが残るという、なんとも栄枯盛衰を感じさせる現実ではあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

そうたろう

FXと節約を組み合わせた記事を書いています。 元会社員、元会社経営者にして元浪費家。現在、事業の失敗で背負った借金をせっせと返済しながらひっそりとフリーランスで生計を立てています。もっと早くお金の正体に気づいておけばよかったな〜などと後悔しながらも、あとの祭り的人生をそれなりに楽しんでいます。