JAL機内インターネット接続が8月末まで時間無制限接続無料キャンペーンを実施しています。移動の多い個人投資家に朗報ですね。

国内線で唯一、機内でインターネット接続が可能なWi-Fiサービスを提供していたJALですが、以前の記事でお伝えした「3月末まで15分接続無料」というキャンペーン内容が大幅にパワーアップされ、2017年8月末まで無制限接続無料という太っ腹なことになっています

急な為替変動には平日24時間対応が必要

為替は平日はほぼ24時間動いているので、仕事中も寝ている時も、大きな為替変動があった場合には、何らかの対応ができるようにしておく必要があります。私は、FXプライムbyGMOが提供しているアプリ「外為ウォッチ」を利用して(口座がなくても利用できます)、大きな値動きが起きたら通知が来るようにしていますが、問題は飛行機移動なんですよね。1〜2時間とはいえ、為替変動にまったく無防備という時間があるのは、あまり気持ちのいいものではありません。

ANAも機内Wi-Fiインターネット提供を始めましたが

JALよりかなり遅れてスタートしたANAの国内線機内Wi-Fiインターネット接続は、40分プランで550円、フルフライトプランで1,050円の接続料金がかかります。導入路線もJALに比べてまだまだ少なく、何より予約段階で機内Wi-Fi対応機種かどうかわからない(2月1日現在)というのが致命的です。

サービス対象となる便は、装着機材の運航状況より変わるため、事前にお知らせすることができません。誠に申し訳ありませんが、ご理解いただきますようお願いいたします。
(引用:ANA Wi-Fiサービスのご案内[国内線]


JALの場合は、このように予約段階でWi-Fi対応機種かどうかを確認することができます。
私はもともとANAをメインで利用していたのですが、この機内Wi-Fiサービスの差で、現在はJALメインに利用するようになってしまいました。

JALの機内Wi-Fi接続はカンタン

機内でWi-Fiアクセスポイント「gogoflight」を選び、初回のみメールアドレスを使った登録が必要になりますが、2回目からはログインと画像認証だけで利用できます。JALアプリから接続する方法もありますが、他にアプリを使う目的がないのであれば、わざわざダウンロードする必要はないと思います。
サービス競争が広がり、JAL以外のキャリアでも同様のサービスが提供されれば、平日の移動もかなり有益な時間として利用できそうですね。

JAL機内インターネットサービス15分無料が期間延長されました。

2016.08.23

バッテリー切れには注意

機内のWi-Fi接続は時間無制限ですが、電源コンセントやUSBポートは装備されておらず、バッテリーは充電できません。旅行や出張のとき、今まで機内で電源を切っていた行動パターンで考えると、移動のかなり早い段階でバッテリーがなくなりますので、事前にモバイルバッテリーのご用意もお忘れなく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

そうたろう

FXと節約を組み合わせた記事を書いています。 元会社員、元会社経営者にして元浪費家。現在、事業の失敗で背負った借金をせっせと返済しながらひっそりとフリーランスで生計を立てています。もっと早くお金の正体に気づいておけばよかったな〜などと後悔しながらも、あとの祭り的人生をそれなりに楽しんでいます。