なぜネットのFXに関する情報はカオス状態なのか。その傾向と対策。

インターネットは、FXに関する情報で溢れています。溢れているだけなら良いのですが、例えば同じテーマに関する2つのブログを見比べると真逆の事が書いてあるなど珍しくありませんし、場合によっては対立する方法論について激しく批判していたりします。

世の中の96%がターゲット

マイボイスコムがおこなった調査によれば、

FXの認知率は8割弱、利用経験者は8%、現在取引している人は4%。利用意向は1割で、現在取引者の8割弱

とされていますので、過去にFXを利用して今やめている(やめていた)という私のような層を含めると、96%がターゲットですから、この消費が飽和した日本において、それは当然、ビジネス的に狙いたくなるマーケットなわけですよね。残念ながら人間が儲け話に弱いのは、古今東西そう変わりないようですし。

FXブログって、だいたい・・・

で、FXについて書いてあるブログ等を見ると、だいたい以下のような論法で書かれています。

FXは儲かります。だからプロもやっているのです。

プロとアマチュアである皆さんが戦っても勝てません。実際に負けて財産を失った方もこんなにたくさん。

この方法なら大丈夫!

「この方法」が、場合によっては情報商材だったり、シストレだったりします。いずれにしても、ネットにFXの情報が溢れているのは、潤沢な広告資金であることは間違いがなさそうです。

間違った情報を信じて損をするリスクを避ける最も合理的な方法は、実践しないことです。FXをやらなければいい。しかし、個人が少額の資金で始められる投資って、どれくらいの種類があるのでしょうか?

FX以外に個人ができる投資って?

株、債券、投資信託(REIT含む)、不動産、先物、金、外貨預金。だいたいこんなものじゃないでしょうか。そんなにバリエーションがないんですね。それぞれメリットとデメリットがあるので、ここで評価をすることは避けますが、20年くらい前までは、不動産投資が人気でした。不動産保有のリスクが高くなって、利回りが下がってきた現在でも年配者に不動産投資が人気なのは、彼らが若いときは不動産投資が人気だったので、その残像であると言えます。今では信じられませんが、バブル期は定期預金の金利は年利6%を超えていましたので、それ以上の利回りを提供しなければならない「投資」という選択肢は、法律が未整備だったこともあり、それなりにいかがわしいものも少なくありませんでした。そういった中では、不動産投資は王道だったのでしょうね。

とにかく、FXという投資の選択肢は、そう無碍に捨てて良いものではなさそうです。主たる情報源はやはりネットになりますが、膨大な情報量からノイズをかき分けて、本当に求める情報にたどり着くには、それなりの努力とリテラシーが必要になります。

ネットリテラシーを鍛えるためのブログ運営

そこで私がオススメするのは、ブログを始めることです。ブログを始めてアフィリエイトサイトに登録し、広告を貼ってみれば、他のブログ主がどういう意図で記事を書いているのか、わかるようになってきます。もちろん、広告を貼っているから信用できない、という意味ではありません。実は、私がこのブログを書いているのも、自分のリテラシーを上げることが目的の一つになっています。

そんなわけで、多少はリテラシーを磨いた(つもり)の私から見て、「よく、ここまでの情報を無料で公開しているなあ」と感心させられるようなブログを参考までにいくつかご紹介して、この記事を終わりたいと思います。私が過去、裁量トレードで大きな損をしている経験もあってか、すべて裁量トレード以外=リピート系、スワップポイント系がテーマになっています。(ご利用は自己責任で!)

TRADE12・・・アイネット証券のループイフダンをメインに、利回り年12%を目指して運用するためのノウハウやレポートが満載。
ループイフダン検証ブログ・・・ループイフダンはロスカットのシミュレーション機能が実装されていないので、こちらの早見表を活用させてもらっています。
もう、社畜しない。・・・トルコリラのスワップポイントに関する記事がメインです。データ検証が実に緻密。
南アフリカランドで資産運用・・・こちらは南アフリカランドのスワップポイントに関する記事がメイン。こちらもデータ検証が緻密ですし、「もう、社畜しない。」さんと対比して読むことで、リスクや利回りに対する考え方が違うと結論が違ってくる、というリテラシーのトレーニングにもなります。
FX究極のスワップ派・・・一つの通貨にこだわらず、「スワップポイントを得る」という視点から書かれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

そうたろう

FXと節約を組み合わせた記事を書いています。 元会社員、元会社経営者にして元浪費家。現在、事業の失敗で背負った借金をせっせと返済しながらひっそりとフリーランスで生計を立てています。もっと早くお金の正体に気づいておけばよかったな〜などと後悔しながらも、あとの祭り的人生をそれなりに楽しんでいます。