月々サポート目的でドコモのiPadに機種変更したら、spモードは解約してSIMをMVNOにするほうがおトクです。

シストレi-NET

データ通信

spモード324円って

さて、ドコモデータプランの維持費を2,376円/月と書きましたが、正確には、さらに324円のspモードを契約しなければモバイルデータ通信ができませんMVNO各社が540円程度からデータプランの最低料金を競っている中で、別途プロバイダ料金324円を取るって、ドコモさんいくらなんでもやりすぎでしょう、というのが私の率直な感想です。

ただしspモードは、ISPとしての機能以外にもドコモメールを使う場合や、spモード決済・ドコモ口座を利用するときにも必要になります。しかし、これはほとんどのユーザーにとって常に利用するようなサービスではないでしょうから、使いたいときだけMy docomoで「spモードを利用する」設定にすれば、およそ1日10円で利用した日だけの日割り利用ができます

MVNOなら通信可能データ量が増える

ところで私の場合、シェアパックは5GBで契約しているので、シェアオプション+spモードでモバイルデータ通信を利用すると、この5GBを主回線(スマートフォン)とiPadでシェアすることになります。自宅での仕事が中心であまり外出しない私でも、さすがにこれでは足りない感じがします。

ちなみにドコモのシェアパックは5GBでも月々7,020円、10GBにすると10,260円です。これは、MVNO各社のおよそ3~4倍の水準で、しかも、しつこいですが基本料金・ISP料金(spモード)別です。だったら少しでも通信可能データ量が増えて、spモード程度の予算で契約できるMVNOはないかと物色した結果が楽天モバイルデータSIM 3.1GBプラン(価格ドットコムキャンペーン利用)だったということです。

実際のところ、MVNO各社は価格競争が激しくほぼ1GB単価も拮抗しているので、どこを選んでもそこまでの差はないと思われますが、平日昼休みや夕方などの混雑時の評判があまり悪くないことや、3日間1GB制限が廃止されたことが選択の決め手となりました。

同じく3日間1GB制限のないBIGLOBEも入れて、サービスと料金を比較してみます。価格ドットコムのキャッシュバックキャンペーンはいずれも7ヶ月間の利用が条件になっているので、7ヶ月間の合計コストで計算しています

 spモード(ドコモ)楽天モバイル
データSIM 3.1GBプラン
BIGLOBE 3ギガプラン
通信量シェアパックに依存3.1GB3GB
最高速度682Mbps262.5Mbps682Mbps
事務手数料0円3,394円3,394円
1ヶ月目料金324円0円972円
2~7ヶ月目料金1,944円5,832円5,832円
キャッシュバック0円-7,000円-7,500円
合計2,268円2,226円2,698円
1ヶ月あたり料金324円318円385円

参考:価格ドットコム モバイルデータ通信3GB比較

楽天モバイルは通信速度上限が262.5Mbpsながら、料金面でわずかにメリットがありそうです。それほどコストやその他の条件も差がないので、682Mbps通信対象エリア(ドコモウェブサイトで確認)での利用で、かつ通信速度重視のユーザーはBIGLOBEを選ぶと良いと思います。

手間を惜しまずMVNOのキャンペーンを利用

なお、7ヶ月目にキャッシュバックを受け取った後は月額料金972円がそのままかかってきますので、面倒でも解約して別のキャンペーンでMVNOを渡り歩くのがコスト的に最もメリットがあります。

私は、いくら高額でも適正な代金を支払うことにはまったく躊躇はないのですが、少額でも情報の非対称性を利用してボッタクられるのは大嫌いなので、こんな細かいことですが比較検討しました、というお話でした。おつきあいいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

そうたろう

FXと節約を組み合わせた記事を書いています。 元会社員、元会社経営者にして元浪費家。現在、事業の失敗で背負った借金をせっせと返済しながらひっそりとフリーランスで生計を立てています。もっと早くお金の正体に気づいておけばよかったな〜などと後悔しながらも、あとの祭り的人生をそれなりに楽しんでいます。