米ドル円は冴えない中、日経225が1年9ヶ月ぶりに2万円台を回復。そして今夜は雇用統計です。ひかりTVショッピング「秘密のおトクーポン」配布が始まりました。

為替の冴えない地合いながら、株は全面高

 

1日の東京時間は米ドル円が110円台後半と相変わらず冴えない中で日本株安の可能性がささやかれていましたが、大方の予想に反して日経225は1万9860円まで値を上げ、本日2日は前日の米国株全面高を好感し、終値で317円高の2万177円と、1年9ヶ月ぶりの2万円台を回復しました。2日もやや円安で米ドル円は111.70円近辺までは上がりましたが、これはむしろ日経平均に引っ張られて上がったようで、主体性を持った形での2万円台回復は、日本経済にとって非常に良い形だと思います。2万円なんて二度と回復しないと思っていましたが、良い意味で期待を裏切られました。

市場では早くも、2万円の達成感からの下落リスク警戒という話題になっていますが、雇用統計ウィークの週末ながら引け前の利確売りもそれほどではありませんでしたし、先物やくりっく株は2日の欧州時間もほぼ横ばいの値動きになっているので、投資家からは言われているほど2万円台が短命ではないと見られているようです。

1日のNYはADP民間雇用統計が25.3万人と予想の18.0万人よりかなり強い数字だったことを受け、ダウ・NASDAQ・S&P揃って最高値更新ですから、日本株にもさらなる上値余地があると考えるのも無理はありませんよね。先ほど開いた欧州株式市場序盤は、英独仏とも前日比で大幅に上昇し堅調地合いを維持しながらのNY待ちとなりそうです。

ただ、米10年債利回りが上がりません。ADP雇用統計がこれだけ強い数字でも、瞬間的に2.24%をつけるもその後は冴えず、2.21%前後の推移となっています。景気がどうあっても、9月以降の利上げペースに影響することはないという観測が広がっているということかとは思いますが、これは雇用統計に対する市場心理形成に大きな影響を与えたのではないかと思います。

さて、本日2日は真打ちの米雇用統計です。上記のとおり、ADP民間雇用統計が事前予想の意味を疑問視させるほど強い結果となり、雇用統計に関しても自ずと予想数値以上の期待が集まる可能性が高いと思われます。しかし、先月のようにADP民間雇用統計と雇用統計が逆の結果になることは珍しくなく、もし今日もそのようなことになり弱い数字が発表されれば、市場のネガティブな反応はかなり強いものと予想されます。事前に注意してポジションを整理する必要がありそうです。

【2日(金)発表の経済指標】
21:30 米非農業部門雇用者数(予想:18.2万人)
21:30 米失業率(予想:4.4%)

21:30 米貿易収支(予想:-461.0億米ドル)

米ドル円、米10年債

1日6:00からの米ドル円と米10年債利回り15分足です。米長期金利の上値の重さがはっきりと意識される展開となっています。原油が下がっているので重石になっている部分もありますが、それにしても2.21というのは低いと思います。米ドル円は債券を材料に上がっていくことが期待薄となっているため、全体的なリスク選好に期待するのが現実的なところかと思われます。今日の雇用統計しだいといったところですが、先週からとくにユーロ米ドル、英ポンド米ドルが為替のメインといった向きもあるので、米ドル円に関しては上限112円台と下限110円なかばはほぼ明確ではあるものの、やや主体性がないといったところでは、雇用統計が弱く、一旦110円を割りこんでモメンタムを放出するというのも、決して悪くはないシナリオだと思います。

豪ドル円、豪ドル米ドル

1日6:00からの豪ドル円と豪ドル米ドル15分足です。豪ドル米ドルは、1日10:30に豪小売売上高(前月比)が予想より強い数字で発表され(結果:1.0%、予想:0.3%)一時0.74台なかばまで値を上げたのですが、すぐに074を割り込んでしまいます。その後は方向感に乏しく今日2日も上値の重い展開で、なかなか0.74を回復できずにいます。

ループイフダン

1日は米ドル円B50が1回、S15が2回の利食い。2日は19:30現在で米ドル円B50が1回、S15が2回、豪ドル円B40が1回の利食いです。雇用統計での巻き返しなるか、って毎回書いていますけど、あまりヒットしないんですよね。

ひかりTVショッピングの18時配布シークレットクーポン

さきほど2日18時からの「秘密のおトクーポン」配布がはじまりました。家庭用複合機とかブラザープリンタばっかりですね…。

秘密のおトクーポン!(ひかりTVショッピング)

強いて言えば、PIXUS TS8030は、3,000円クーポン(n061q18)を適用し、各ポイント還元(ぷららポイント、dポイント、キャッシュゲットモール、ドコモ口座Visaプリペイド1%還元)を考慮した実質価格で1万2502円になり、価格コム価格(1万7134円)より4,632円も安いので、なかなかお買い得かと思います。2日19:30時点で、黒・白・赤すべて在庫があります。2台まで買えますので、1台ほしい場合でも2台買って、1台は1万5000円で売却すれば、実質1万円程度で購入できる計算になります

実質価格のシミュレーションはこちらのフォーム(keisan!で作りました)をご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

そうたろう

FXと節約を組み合わせた記事を書いています。 元会社員、元会社経営者にして元浪費家。現在、事業の失敗で背負った借金をせっせと返済しながらひっそりとフリーランスで生計を立てています。もっと早くお金の正体に気づいておけばよかったな〜などと後悔しながらも、あとの祭り的人生をそれなりに楽しんでいます。