ループイフダンと手動トラリピ、2017年第3週のトレード結果。トランプ大統領就任式は、意外にもほぼ無風でした。

昨晩はトランプ大統領就任式でしたが、意外にも為替や株価への影響は限定的でした。

トランプ大統領就任式


20日の米ドル円15分足です。就任演説がおこなわれた午前2時前後を見ると、それなりに上下はしていますが、100pips程度を行き来する程度でした。演説の内容も選挙公約を踏襲したもので、とくに目新しいものではありませんでした。就任直後には早速TPP交渉離脱、NAFTA再交渉、エネルギー産業規制緩和を打ち出しましたが、これも想定内でした。

アメリカの利益を優先するという演説内容には批判も多いようですが、逆に、相手国・他国のためにやる外交などというものはありませんから、口に出して言うかどうかだけの問題ですし、アメリカという国は、自国経済が悪くなると「正義」の名の下に世界中で悪事をはたらいて情勢を不安定化させ、結局は世界経済に悪影響を与えますので、アメリカ経済は良いにこしたことはありません。

ループイフダン

私の今週のトレード結果をまとめておきたいと思います。

今週の成績は、好調だった先週とほぼ同じでした

仕掛け今週確定損益
(カッコ内は先週)
今週利食い回数
(カッコ内は先週)
1月累計確定損益
豪ドル円B40 1lot1,860(1,703)円4(4)5,290円
米ドル円B50 1lot3,550(4,010)円7(8)13,700円
米ドル円B50 2lot8,110(8,021)円8(8)27,300円
米ドル円B15 1lot▲2,850(10,661)円―(74)19,640円
合計10,670円1965,930円
米ドル円B15は先週停止させたうえ、今週は浅めのポジションを損切りしているためマイナスになっています。
月曜日、火曜日と利食いが1回もなかったので1週間の利益も悪いという感覚がありましたが、停止した米ドル円B15の利益を除けば、先週とほぼ同じでした。やはり、感覚ではなく、こうやって冷静に振り返ることの重要さを再認識させられます。
1月累計の確定利益額は65,930円で、既に今年のループイフダン開始資金120万円の5.5%に達しています

未決済スワップが2,450円に

先週、約1,500円だった未決済スワップポイントですが、1週間でさらに1,000円ほど増え、現在2,450円になっており、最近のちょっとした楽しみになっています。

豪ドル米ドル手動トラリピ

仕掛け今週確定損益
(カッコ内は先週)
今週利食い回数
(カッコ内は先週)
1月確定損益
豪ドル米ドル50 1lot1,141(1,742)円2(3)4,071円
1本ポジションを持ったら、当日または数日内に利食いという動きを繰り返し、現在ノーポジションです。こちらの開始資金は30万円なので、現在1.4%の利益です。もう少しリスクを取ってアクティブに動くように仕掛けの値幅を変更することもできますし、また、1本あたりの金額を現在の1,000通貨から1,500通貨に引き上げることも検討しています。こういった細かな調整がいつでもできるのは、ループイフダンや本家トラリピでの運用と比較すると、大きなメリットであると感じます

豪ドル米ドルペアで「手動トラリピ」はじめました。この通貨ペアを選んだ理由や、発注の管理方法など。

2017.01.10

現在の利益率

(65,930円(ループイフダン)+4,071円(手動トラリピ))
÷150万円(開始資金)=4.7%
2017年の取引可能日数260日のうち20日経過(1月21日現在)での利益なので、このペースであれば年間910,013円、開始資金150万円に対する見込み利益率は60.7%になります
このまま順調に行けば良いのですが、当座の懸念材料はアメリカ経済への期待剥落とブレグジット。仮に、いずれも現在より悪い方向に向かったとしても、FXは相対相場であり、本質的に良いも悪いもありませんので、その性質を最大に活かしたトレードをしていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

そうたろう

FXと節約を組み合わせた記事を書いています。 元会社員、元会社経営者にして元浪費家。現在、事業の失敗で背負った借金をせっせと返済しながらひっそりとフリーランスで生計を立てています。もっと早くお金の正体に気づいておけばよかったな〜などと後悔しながらも、あとの祭り的人生をそれなりに楽しんでいます。