ループイフダンと手動トラリピ、2017年第2週のトレード結果。半月間の期間利益は約3.9%です。

今年から本格的に稼働させているループイフダンと手動トラリピ。今週のトレード結果をまとめておきます。

ループイフダン

  • 米ドル円B50(1,000通貨)・・・4,010円(8回利食い)
  • 米ドル円B50(2,000通貨)・・・8,021円(8回利食い)
  • 米ドル円B15(1,000通貨)・・・10,661円(74回利食い・損切り)
  • 豪ドル円B40(1,000通貨)・・・1,703円(4回利食い)
  • 期間計・・・24,395円(1月累計 55,227円)
  • 米ドル円B15は、12日木曜日に稼働を停止しています。建ててしまったポジションを少額の利食いや浅めの損切りで処理していっているので、やや収益が下がっています。

    豪ドル米ドル手動トラリピ

  • 豪ドル米ドル50pips・・・1,742円(3回利食い)1月累計 2,922円
  • 豪ドル米ドルペアで「手動トラリピ」はじめました。この通貨ペアを選んだ理由や、発注の管理方法など。

    2017.01.10

    ▼手動トラリピで利用中!▼

    トランプ次期大統領記者会見に振り回された1週間

    11日(日本時間12日1時)におこなわれたトランプ次期大統領の記者会見に尽きる1週間でした。日本メディアの過剰反応には驚かされましたが、今後も本国アメリカよりも日本のマーケットが過剰に反応することが予想されますので、注意したいと思います。来週はいよいよトランプ大統領就任ですから、さらに大きな影響が出ることも視野に入れ、リスク回避とリスク分散を急ぎで進めていきたいと思っています
    その意味では、記者会見後もマイルドな上昇相場を維持した豪ドル米ドル手動トラリピが堅調な成績を残していることは好材料なので、さらに日本円以外の通貨ペアへの分散を進めていきます。

    未決済スワップが1,500円も!

    米ドル円のドローダウンを受けて保有ポジションが多くなってしまいましたが(約4万通貨)、アメリカの利上げを受け、スワップポイントの未決済収益が目立って向上しています。昨年からの持ち越し分もありますが、現在約1,500円。今年はさらに利上げが予定されていますから、性質上ポジションを持ち続けるループイフダンやトラリピにおいては、ロングで収益向上が期待できる一方で、下げ相場でショートを入れるときのマイナス影響に、さらに注意を払っていかなければなりません。

    運用率

    ループイフダンと手動トラリピの原資は合計で約150万円ですから、半月で約3.9%の利益が得られたことになります。このペースでいくと年利100%を超える計算になりますが(稼働日ベースで計算)、ここまではほぼトランプ相場の恩恵を受けているという特殊要因に加え、リスクをとりすぎているので、自制心を持ってトレードしていきたいと思っています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    そうたろう

    FXと節約を組み合わせた記事を書いています。 元会社員、元会社経営者にして元浪費家。現在はフリーランスで生計を立てています。もっと早くお金の正体に気づいておけばよかったな〜などと後悔しながらも、あとの祭り的人生をそれなりに楽しんでいます。